電通、テレビの放送内容と連動したコンテンツを即時に外部事業者へ提供する「TV Live Meta Module(β版)」開発

番組を視聴しながらスマホやタブレットを併用する視聴者の増加により開発を決定
よろしければこちらもご覧ください

電通は、テレビ番組やCMの放送内容をリアルタイムで認識し、抽出したオンエアデータを即時に外部事業者に提供するソリューション「TV Live Meta Module(β版)」を開発した、と1月19日発表した。番組やCMとタイムリーに連動したコンテンツを視聴者のスマートフォンやタブレットなどいわゆる「セカンドスクリーン」に素早く届けることが可能になる。番組を視聴しながらスマホやタブレットを併用して楽しむ視聴者が増加したことからTV Live Meta Module(β版)を開発することにした。

TV Live Meta Module(β版)の外部事業者への提供は、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)で行い、3種類のモジュールを提供する。「シンクロCMモジュール」は、テレビCMと連動し、視聴者のセカンドスクリーンに同一広告主のバナー広告、動画、クーポン、Eコマースのサイトリンクなどを表示する。「テレビライブワードモジュール」は、番組内で取り上げた場所、人物などのキーワードを自動認識してリアルタイムに表示する。「テレビライブワード連動広告モジュール」は、特定のキーワードに反応する広告をあらかじめ制作し、番組内でキーワードが登場すると自動的に広告を出稿する。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

TV Live Meta Module(β版)について
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0119-008638.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]