動画配信サービス、有料はAmazonプライム・ビデオ、無料はYouTubeが他サービスを圧倒【インプレス総研調べ】

インプレス総合研究所は、動画配信ビジネス市場の動向を調査した結果を発表した。

インプレス総合研究所は、動画配信ビジネス市場の動向を調査した結果を発表した。本調査結果の詳細は、新産業調査レポート『動画配信ビジネス調査報告書2019[相次ぐSVOD新規参入とAdVODの浸透 ─ 国内事業者の戦略を探る]』として6月25日に発売される。

よく視聴する映像・動画、“ネット系の動画サービス”が若年層中心に着実成長

まずユーザーがよく視聴する映像・動画の種類については、「リアルタイムのTV番組」68.3%が1位。2位に「録画したTV番組」55.1%が続き、“放送によるTV番組”がTOP2を占めた。3位には「動画共有サービス」37.6%、4位に「無料の動画配信サービス」25.8%と続き、“ネット系の動画サービス”も着実に成長している。

また、TV番組やDVD・ブルーレイ視聴の比率が微減する一方で、複数企業の参入や話題のコンテンツの投入などにより、「有料の動画配信サービス」「SNS上の動画」が増加を見せている。

よく視聴する映像・動画の種類(複数回答)

性年代別に見ると、男性10代では「動画共有サービス」63.0%がもっとも高く、「リアルタイムのTV番組」や「録画したTV番組」を上回った。男性20代でも「リアルタイムのTV番組」58.2%に並んで「動画共有サービス」56.4%が2位となっている。女性10代は、男性ほど差がなく「リアルタイムのTV番組」「録画したテレビ番組」「動画共有サービス」が60%前後でほぼ並ぶ。

一方、「SNS上の動画」は女性10代は、52.0%と他の年代より突出。女性20代(36.0%)、男性10代(33.6%)も高い数字を見せた。同様に「LIVE動画/LIVE配信」も男女10代は、他世代より高い。

よく視聴する映像・動画の種類(複数回答)

有料動画、Amazonプライム・ビデオが他サービスを圧倒

3か月以内に有料の動画配信サービスを利用したと回答した人に、利用している有料の動画配信サービスを調査した結果、1位「Amazonプライム・ビデオ」62.7%、2位「Hulu」14.7%、3位「Netflix」10.5%となった。「Amazonプライム・ビデオ」は昨年から9.1ポイント増加しており、じょじょに1強の位置を占めつつある。

利用している有料の動画配信サービスTOP10(複数回答)

ただし、もっともよく利用する動画配信サービスについて、満足度を5段階評価で聞いたところ、1位「Netflix」92.0%、2位「Hulu」84.9%、3位「Amazonプライム・ビデオ」83.0%と、順位が入れ替わった。

 

主に利用している有料の動画配信サービスのサービス全体に対する満足度

利用者の半数以上がマルチデバイスで視聴

有料動画配信サービスの視聴環境を「パソコン」「モバイル(タブレットとスマートフォン)」「テレビ」の3つに集約し、その組み合わせを集計すると、もっとも比率が高かったのは「モバイルとパソコン」20.4%で昨年から4.2ポイントの伸び。以下「モバイル」18.0%、「パソコン」17.9%が続いた。

有料の動画配信サービスの視聴環境

無料動画サービス、LIVE動画ともにYouTubeがトップ

「動画共有サービス」「無料の動画配信サービス」「SNSの動画」をよく視聴すると回答したユーザーに対して、利用しているサービス名を聞いたところ、「YouTube」97.0%が断トツのトップで、2位「Twitter」の45.8%に大きく差を付けた。また全体的に、Twitter、LINE、ニコニコ動画、InstagramなどのCGM系が上位に入り、コンテンツ提供型のGYAO!、AbemaTV、TVerなどを上回った。

よく利用する無料の動画(複数回答)Top10

また、LIVE動画/LIVE配信サービスをよく利用するユーザーに対して、利用しているサービス名を聞いたところ、1位「YouTube Live」73.0%、2位「ニコニコ生放送」46.9%、3位「LINE LIVE」27.9%、4位「Instagram Stories」24.3%、5位「ツイキャス」22.6%だった。有料サービスで断トツのAmazonプライム・ビデオに対し、無料サービスではYouTubeが強さを見せた形だ。

よく利用するLIVE動画/LIVE配信サービス(複数回答)Top10

調査概要

(1)有料動画利用率および映像・動画全体の視聴状況調査
  • 【調査対象】NTTコム リサーチの保有する消費者モニター 
  • 【有効回答数】22,710サンプル
  • 【サンプリング】性年齢階層別インターネット利用人口構成比(総務省 通信利用動向調査)に可能な限り整合するように抽出
  • 【調査手法】PC上でのウェブアンケート
  • 【調査期間】2019年5月10日~15日
(2)有料動画利用者の利用状況調査
  • 【調査対象】有料動画利用率および映像・動画全体の視聴状況調査で有料の動画配信サービスを利用していると回答した人を対象に、利用率調査で得られた性年代別有料動画配信サービス利用者構成にできるだけ整合するように抽出
  • 【有効回答数】1160サンプル
  • 【調査手法】PC上でのウェブアンケート
  • 【調査期間】2019年5月16日~21日
(3)無料動画、LIVE動画/LIVE配信利用者の利用状況調査
  • 【調査対象】有料動画利用率および映像・動画全体の視聴状況調査で得られた性年代別利用者構成に整合するように抽出
  • 【有効回答数】無料動画利用者568、LIVE動画/LIVE配信利用者226
  • 【調査手法】PC上でのウェブアンケート
  • 【調査期間】2019年5月16日~21日
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

パーマリンク
ページそれぞれを指し示すURLで、時間が経過してもそのURLでそのコンテンツにア ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]