ヤフー、40種類以上のサービスと連携するIoTプラットフォーム「myThings Developers ベータ版」提供開始

プラットフォームの利用で、Yahoo! JAPANのサービスや他のWebサービスと連携可能に
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、40種類以上のWebサービスやIoT製品と連携する事業者向けIoTプラットフォーム「myThings Developers(デベロッパーズ)ベータ版」の提供を9月2日に開始した、と9月1日発表した。ベータ版は無償で提供する。同プラットフォームでは「Yahoo!天気」「Yahoo!防災情報」など40種類以上のWebサービスやIoT製品と連携するためのAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を公開する。事業者はプラットフォームを利用することで、Yahoo! JAPANの各サービスや他のWebサービス、他社IoT製品と自社製品・サービスを連携することができる。

myThings Developers ベータ版の利用例として、ソニーモバイルコミュニケーションズでは開発中の「Xperia Projector」のサービスとして同プラットフォームと連携したサービスの検討を開始している。オムロンでは、同社の見守りネットワークカメラセンサー「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線」で、myThings Developers ベータ版と連携したサービス開発を検討している。同プラットフォーム上には、自社のWebサービスをIoT製品のAPIを公開することもできる。APIを公開すれば、IoT製品を通じて、自社サービスや自社製品を利用するきっかけが生まれるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]