Jストリームの動画配信サービスとMarketoが連携、個人単位の動画視聴履歴をマーケティングに活用

個人単位の動画視聴履歴を活用した動画マーケティングオートメーションが実現
よろしければこちらもご覧ください

映像・音声データ配信関連のJストリームは、動画プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」と、マーケティングソフト開発のマルケトが提供するマーケティングプラットフォーム「Marketo」を連携するソリューションを9月7日に提供開始した、と同日発表した。このソリューションにより、「誰が」「いつ」「どの動画を」「どれだけの長さ」「何回」視聴したかなど、個人単位の動画視聴履歴を活用した動画マーケティングオートメーションが実現するという。

Jストリームのソリューションは、企業における動画マーケティングの効率化と効果拡大手段の提供、企業の取り組みの拡大を意図している。Equipmediaが配信する動画について、動画尺の0/25/50/75/90/100%の各ポイントを再生状態で通過するごとにMarketoのWeb行動履歴に反映し、個人単位の視聴トラッキングを可能にする。例えばある動画を50%以上視聴したことをエンゲージメントが高い条件とみなし、条件を満たしたリードにMarketoからメールを自動配信するなど、動画視聴結果を新たな設定項目に加えた、きめ細かいマーケティングオートメーションが実施可能となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]