ヤフー、IoT製品やWebサービスAPIを集めた事業者向けサービス「myThingsプラットフォーム」を提供

プラットフォームを活用して開発したスマホアプリ「my Things」も同日公開
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/7/29 12:30

Yahoo!JAPANを運営するヤフーは、さまざまな製品(モノ)とインターネットをつなげて価値を創出するIoT(Internet of Things)の時代に向け、IoT製品やWebサービスAPI(あるコンピュータからインターネット経由で他のコンピュータのプログラムを呼び出して利用すること)を集めた事業者向けプラットフォームサービス「myThingsプラットフォーム」の提供を開始する、と7月27日発表した。同時にこのプラットフォームを活用して開発したスマートフォンアプリ「my Things」も同日公開した。

my Thingsプラットフォームを利用する事業者は、プラットフォーム上のAPIを使い、新製品やサービスの開発、既存製品の新しい価値の創出が可能になる。自社製品やサービスのAPIをプラットフォーム上に公開し、他の事業者がAPIを活用することで、製品・サービスに本来想定していなかった付加価値が生じる。スマホアプリmy Thingsは、たとえばインターネットにつながった温度計が一定の温度を超えたらメールで知らせ、熱中症の予防につなげるといった使い方ができる。

ヤフープレスルーム
http://pr.yahoo.co.jp/

myThings
http://mythings.yahoo.co.jp/

用語集
API / IoT / アプリ / サービス / スマートフォン / プラットフォーム / 事業者 / 付加価値 / 価値 / 創出 / 開発
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]