ヤフー、IoT製品やWebサービスAPIを集めた事業者向けサービス「myThingsプラットフォーム」を提供

プラットフォームを活用して開発したスマホアプリ「my Things」も同日公開
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo!JAPANを運営するヤフーは、さまざまな製品(モノ)とインターネットをつなげて価値を創出するIoT(Internet of Things)の時代に向け、IoT製品やWebサービスAPI(あるコンピュータからインターネット経由で他のコンピュータのプログラムを呼び出して利用すること)を集めた事業者向けプラットフォームサービス「myThingsプラットフォーム」の提供を開始する、と7月27日発表した。同時にこのプラットフォームを活用して開発したスマートフォンアプリ「my Things」も同日公開した。

my Thingsプラットフォームを利用する事業者は、プラットフォーム上のAPIを使い、新製品やサービスの開発、既存製品の新しい価値の創出が可能になる。自社製品やサービスのAPIをプラットフォーム上に公開し、他の事業者がAPIを活用することで、製品・サービスに本来想定していなかった付加価値が生じる。スマホアプリmy Thingsは、たとえばインターネットにつながった温度計が一定の温度を超えたらメールで知らせ、熱中症の予防につなげるといった使い方ができる。

ヤフープレスルーム
http://pr.yahoo.co.jp/

myThings
http://mythings.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]