ヤフーとファストメディア、提携してスマホアプリを作成できるCMS「Yahoo!アプリエンジン」を提供開始

テンプレートから機能をドラッグ&ドロップすればiPhoneやAndroidアプリが制作可能
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo!JAPANを運営するヤフーとスマートフォンアプリ作成サービスを提供するファストメディアは、8月1日業務提携に合意。ヤフーがファストメディアからスマートフォンアプリ作成ツールのOEMを受け「Yahoo!アプリエンジン」として提供する、と同日発表した。サービス開始は9月初旬を予定している。企業がアプリを制作する際は、制作費や維持費などのコストがかかるほか、一定のスキルや知識が必要だった。Yahoo!アプリエンジンは、テンプレートから機能をドラッグ&ドロップすればiPhoneやAndroidアプリが制作・運用できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、アプリ申請も代行する。

Yahoo!アプリエンジンはプッシュ通知や各種SNS連動、動画アップロード、電子書籍化などに対応。将来的にはYahoo!ウォレットなどの決済機能やYahoo!地図の提供、Yahoo!タグマネージャーSDK(開発キット)対応によるアクセス解析機能など、Yahoo!JAPANの一部サービスが追加できるプラグインの提供も予定している。なお、Yahoo!アプリエンジンの利用には一定額の月額費用が必要で、サービス提供開始に向け随時告知していく。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

ファストメディア
http://yapp.li/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]