ヤフー、スマートフォン最適化サイト自動変換ツールを広告主などに今春からOEMで提供

米デューダモバイルと提携、既存PCサイトを最大1分程度でスマートフォンページに変換

ヤフーは、スマートフォン最適化サイト自動変換ツールを展開する米デューダモバイルと提携し、同ツールを「Yahoo! JAPAN」の広告主やプロモーション広告の正規代理店に今春からOEMで提供する、と2月27日発表した。サポートも手掛ける。ヤフーは地図をはじめYahoo! JAPANの各サービスをプラグインにする開発支援も受け、Yahoo! JAPANのブランドで提供する。利用期間や料金など一定の条件を満たしている広告主は無料で使用が可能になる。

このツールは、既存のPCサイトのURLを入力すると、最大1分程度でスマートフォンに最適化したページが作成でき、選択形式で詳細なデザイン変更が可能なことが特徴。PCサイトの更新内容はリアルタイム自動変換技術で同期する。スマートフォンサイトの制作は専門知識が必要で、コストや運用面から対応が遅れているのが実情。スマートフォン向けの広告出稿が進まないため、スマートフォンからの成果につなげられないといった課題を解決する。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

米デューダモバイル
http://www.dudamobile.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]