ブレインパッド、米クリムゾンヘキサゴンソーシャルリスニング「フォーサイト」を販売

ソーシャルメディアデータを独自の技術で分析、アジア・太平洋の販売代理店契約を締結
よろしければこちらもご覧ください

データマイニング・最適化技術のブレインパッドは、ソーシャルメディア分析ソフト提供の米クリムゾンヘキサゴンと、日本を含むアジア・太平洋地域の販売代理店契約を結んだ、と2月27日発表した。販売代理店契約の締結は日本で初めて。ブレインパッドは、米クリムゾンヘキサゴンのソーシャルリスニングクラウドサービス「クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム」の提供を3月1日に始める。

フォーサイトは、ソーシャルメディアデータを独自の技術で分析。従来のマーケットリサーチでは難しいとされるブランドや商品に対する世界中の顧客の積極的な関与や行動が分析可能になる。米クリムゾンヘキサゴンと米ツイッターとの契約によって日本語を含む全言語で書き込まれたツイッターのデータが分析できるほか、「Facebook」「YouTube」などの主要なソーシャルメディアや掲示板、ブログにも対応する。

ブレインパッド
http://www.brainpad.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

汎用JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。 「ドメ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]