Twitter、花火大会やスポーツイベントなどをキーにした広告ツイート「イベントターゲティング」を提供

場所や日時、タイプを選別し、どのイベントが広告主のアピールの場になるかを判断可能

Twitter社は、花火大会やスポーツなど、さまざまなイベントをキーにした広告ツイートを送る「イベントターゲティング」の提供を開始した、と7月23日発表した。イベントターゲティングを利用すると日本、アメリカ、イギリス、フランス、ブラジルの5ヵ国を対象にさまざまなイベントを表示する「イベントカレンダー」が利用できるようになり、場所や日時、タイプを選別すれば、どのイベントが広告主のアピールの場になるかを判断することができる。

イベントターゲティングによって広告主がイベントをターゲティングした際に、過去のイベント関連の実績データと照らし合わせ、リーチできるユーザー数や性別、デバイスを表示する「イベントインサイト」の機能も使えるようになる。過去のエンゲージメントがもっとも高かったツイートの内容を確かめることができるため、コンテンツの最適化にも役立つ。このほか「イベントアクティベーション」では、イベントカレンダーやイベントインサイト機能を活用して最適なイベントを特定した後、ワンクリックでキャンペーンを作成することができる。

Twitter
https://about.twitter.com/ja

イベントターゲティング
https://blog.twitter.com/ja/0724event

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]