さくらインターネット、IoT普及を支えるフォグコンピューティング推進団体に「Contributing Member」としてアジア企業で初加入

推進団体OpenFog Consortium初の国外支部「Japan Regional Committee」も立ち上げ
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)普及を支えるクラウドとデバイスの間に設置して分散処理を行う「フォグコンピューティング」の推進団体「OpenFog Consortium」に、アジア初の「Contributing Member」として加入した、と4月13日発表した。さくらインターネットのContributing Memberとしての加入により、OpenFog Consortium初の国外支部となる「Japan Regional Committee」が立ち上がる。

OpenFog Consortiumは、ARM、Cisco、Dell、Intel、Microsoft、プリンストン大学エッジラボラトリーにより、フォグコンピューティングの普及を目指して設立。フォグコンピューティングのオープンアーキテクチャの定義やユースケースの開発、運用を通じた実現性と相互運用性の検証などを行うほか、各種標準化団体との連携、認知度向上のための情報提供やイベント開催なども手がける。Contributing Memberは、OpenFog Consortium運営メンバーの推薦と選定、運営方針への議決権などがあり、大きな影響を持つ。

さくらインターネット
https://www.sakura.ad.jp/

OpenFog Consortium
http://www.openfogconsortium.org

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]