さくらインターネット、「ストレージ専有 with NetApp」と自動バックアップサービス「DR with NetApp」の提供を開始

高性能で信頼性の高いネットアップ社製ストレージFASシリーズを使用しサービス提供

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、ネットワーク回線を1社専有で利用できるクラウドストレージサービス「ストレージ専有 with NetApp」とデータの自動バックアップサービス「DR with NetApp」を1月27日に開始する、と同日発表した。ストレージ専有 with NetAppは高性能で信頼性の高いネットアップ社製ストレージFASシリーズを使用する。DR with NetAppは対災害性の高い石狩データセンターに、ネットアップ社製ストレージFAS8000シリーズを構築し、ユーザーのデータを自動的にバックアップする。

ストレージ専有 with NetAppでは、ストレージ利用の際に必要な、データセンターへの入局、機器の設置といった物理作業、ラック搭載時にかかる重量や電力の設計構築、運用管理などのすべてをさくらインターネットが代行する。注文から最短1ヵ月で利用開始できるという。DR with NetAppではVPN(仮想的な組織内ネットワーク)を標準で提供するほか、障害時にDR(災害復旧)用ストレージをメインサイトとして利用するオプションを用意している。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

さくらインターネット・ストレージソリューション
http://enterprise.sakura.ad.jp/storage_solution/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

汎用JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。 「ドメ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]