サイバーエージェント、自社レコメンドエンジン「A.J.A. Recommend Engine」を外部メディアに提供開始

関連コンテンツの表示によりコンテンツ間の回遊性を高め、メディアの成長を促進
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社のエディトリアルアドスタジオが開発したコンテンツレコメンドエンジン「A.J.A. Recommend Engine(アジャ レコメンド エンジン)」の外部メディアへの提供を開始した、と4月13日発表した。ユーザーの興味関心や行動、見ている記事の特徴、記事の話題性などを自動で解析し、関連コンテンツを表示することによってユーザーのコンテンツ間の回遊性を高め、メディアの継続的な成長を促進する。

A.J.A. Recommend Engineは、「Ameba」や「Spotlight」などのメディアやゲーム運営のノウハウと、蓄積したユーザー行動データやブログ・キュレーションメディアの記事を基に開発した日本語解析技術、機械学習機能などを組み合わせた独自の配信ロジックで、高精度なレコメンドを実現する。これまではサイバーエージェントが運営する「Spotlight」「by.S」「Ameba」などに導入していた。外部メディアへの提供は、大手ポータルサイトや大手新聞社のニュースサイトなどを中心に年内で100メディアの導入を目指す。

サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/

A.J.A. Recommend Engineの外部提供について
https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/press/detail/id=11849

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]