モデューロのDMP「AudienceOne」とALBERTの「smarticA!DMP」がシステム連携を開始

3rdPartyデータと組み合わせた分析や、広告配信等のマーケティングに活用可能に
よろしければこちらもご覧ください

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の連結子会社のモデューロは、同社のDMP(デジタル・マネージメント・プラットフォーム)「AudienceONE」とマーケティングソリューションのALBERT(アルベルト)のプライベートDMP「smarticA!DMP」がシステム連携を開始した、と12月11日発表した。smarticA!DMPで収集した1stPartyデータを分析して自動生成するセグメント情報をAudienceOneに受け渡すことで、3rdPartyデータと組み合わせた分析や、広告配信等のマーケティングに活用することができるようになる。

AudienceOneは広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rdPartyデータなどを収集/解析し、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化などのマーケティング施策に活用できるデータマネジメントプラットフォーム。収集したオーディエンスデータを基に多様なセグメントを作成し、セグメントのデモグラフィック情報や、流入キーワードとかけ合わせた分析を行うことができる。DACでは今後もAudienceONEの活用により、効果的なマーケティングソリューションを提供していくという。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

モデューロ
http://modulo.co.jp/

ALBERT
http://www.albert2005.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]