デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、ビッグデータ領域強化でALBERTを関連会社化

ビッグデータを中心とした最先端のマーケティングソリューション分野で協業を強化

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、レコメンドエンジンや広告最適化ソリューションを提供するALBERT(アルベルト)を11月30日、DACの関連会社化した、と同日発表した。2011年9月よりDACはALBERTに資本参加し、Webサイトの解析やレコメンド広告などで協業してきた。今回の関連会社化により、ビッグデータを中心とした最先端のマーケティングソリューション分野において、協業を強化していく。

ネットマーケティングが取り扱うべきデータ量は急増しており、今後、モバイルデバイスの進化、デジタル化の進展により、データ量はさらに増大する。DACは、データ解析やデータに基づくレコメンドなど、大量データの取扱いに関する知見やノウハウを有するALBERTとの連携強化により、適切なマーケティングソリューションを共同で提供していくという。

DAC
http://www.dac.co.jp/

ALBERT
http://www.albert2005.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]