アイレップ、ネット選挙解禁に関する意識調査でSNSを活用して候補者・政党と関わりたい有権者は31.6%

28.2%の有権者はネット選挙解禁により自身の投票先選定が変化する可能性を示唆
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、日本の有権者1000人を対象に「ネット選挙」解禁に関する意識調査を実施。3月18日、調査結果を発表した。調査結果では50.2%の有権者がネット選挙解禁に賛成、28.2%の有権者はネット選挙解禁により自身の投票先選定が変化する可能性を示唆した。SNS・メールを活用して候補者・政党と関わっていきたい有権者は計31.6%だった。調査は2月27~28日に、20代、30代、40代、50代、60代以上の各世代の男女100人ずつ、計1000人を対象にインターネットを利用して実施した。

このほかの調査結果では、「ネット選挙解禁によって政策論争が深まると思う」と回答した有権者は38.1%、「ネット選挙解禁によって投票率が上がると思う」と回答した有権者は56.7%だった。また、ネット選挙解禁前から何らかのインターネットメディアを参考にしていた有権者は約6割、今後、積極的にインターネットメディアを参考にしていきたい有権者は8割だった。34.2%の有権者は、過去の選挙期間中、選挙に関して何らかの検索を行った経験があった。検索の際、結果を1ページまたは2ページまでしか閲覧しない有権者は、PC検索の利用者が56.7%、スマートフォン利用者が77.0%、タブレット端末は69.7%、一般携帯電話は80.4%だった。投票しようか迷っている候補者の検索結果でネガティブな情報ばかりだった場合、自身の投票先に影響が出るかもしれないと回答した有権者は58%だった。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス