MM総研、スマートフォン市場規模の推移・予測で2011年度の出荷台数は前年比2.3倍の1986万台

2012年度は単年度の出荷台数でスマートフォンが初めて過半数を超えると予測
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/7/8 23:38

マーケティングリサーチのMM総研は、2015年度までの携帯電話およびスマートフォンの市場規模の予測を7月7日発表した。2010年度のスマートフォン出荷台数は前年比3.7倍の855万台で、携帯電話、スマートフォンの総出荷台数に対する比率は22.7%だった。2011年度は前年比2.3倍の1986万台で、総出荷台数の49.0%を占めると予測している。

その後の予測では、2012年度のスマートフォン出荷台数は2367万台、総出荷台数の60.1%となり、単年度の出荷台数でスマートフォンが初めて過半数を超える。2013年度は2706万台(66.7%)、2014年度は2896万台(69.9%)、2015年度は3056万台(74.0%)と拡大傾向が続く見込み。

2011年3月末のスマートフォンOS別の契約数シェアは、iOS(iPhone)が474万件(49.6%)、Androidが386万件(40.4%)、Windowsが71万件(7.4%)の順となった。MM総研は、今後もiOSがソフトバンク市場のみで展開すると仮定した場合、2011年度以降のスマートフォン出荷台数に占めるOS別シェアは、Androidが70%以上で推移するという。

MM総研
http://www.m2ri.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]