意外と高い「2ちゃんねる」の職場利用―ニールセン・オンライン、2008年11月の利用動向調査

よろしければこちらもご覧ください

ネットレイティングスは、ニールセン・オンライン(Nielsen Online) が提供するインターネット利用動向調査「NetView」の2008年11月データを発表した。

その結果、「Yahoo!知恵袋」と「Yahoo!知恵袋」や「教えて! goo」などのQ&Aサイトやインターネット百科事典「ウィキペディア」に代表される知識共有系CGMサイトの家庭・職場全体のユニークユーザー数が前回調査の28%から44%と大幅に増加。また、ネット掲示板「2ちゃんねる」や各ブログサイトも3割前後、利用者数が増加した。

これに対して、SNSの「mixi」や動画共有サイト「YouTube」、「ニコニコ動画」の利用者数は微増にとどまった。また、家庭からの利用が主であることがわかった。

一方、総利用時間で見た場合も知識共有系CGMサイトの職場での利用比率が高いことが示された。特に「教えて! goo」は職場での総利用時間が全体の56%を占め、家庭からの利用時間よりも長い傾向にあることがわかった。そのほか「2ちゃんねる」の使用場所は、職場が全体の約3割を占めた。

これに対し、動画共有系CGMサイトの職場での利用時間比率は「YouTube」(13%)、「ニコニコ動画」(8%)と低かった。

Nielsen Online
http://www.nielsen-online.com/
ネットレイティングス
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]