2000年から2006年の6年間でWeb利用者の年齢構成に大きな変化 ~ネットレイティングス調査

ネットレイティングスは11月7日、今秋発売した『ネットレイティングス・データクロニクル2006』の掲載データから、Web利用者の性別・年齢構成の変化を公開した。

発表によると、過去6年間における最も大きな変化は、20歳代(20~29歳)の構成比が劇的に減少していること。2001年まで、20歳代の構成比は20%を超えていたが、現在では約12%とほぼ半分に減少している。それに対して、40歳代以上の中高年齢層の比率が高まっており、とくに60歳以上の比率は約2倍となっている。

ネットレイティングス
http://www.netratings.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]