実践Googleタグマネージャ入門 実践 Googleタグマネージャ入門

AdWords広告のコンバージョンタグ設定をタグマネージャで管理してみよう(全20回の7)

タグマネージャを使えば、コンバージョンタグの設定も簡単にできます
書籍の3-7<Google AdWords>より(このコーナーでは、電子書籍『実践 Googleタグマネージャ入門』の内容の一部を、Web担の読者向けに特別にお届けしています)

Google AdWordsの設定はとても簡単

Googleアナリティクスの次は、Google AdWordsのタグを取り上げていきます。Google AdWordsを利用しているなら、広告の成果を計測するためのコンバージョンタグは多くの人が利用しているでしょう。Google AdWordsのタグもGoogleタグマネージャのテンプレートから選択するだけで利用でき、オプション項目も特にありませんので非常に簡単に登録できます。

具体的には、既存のタグの一部をコピー&ペーストするだけで完了します。まずは既存のタグを見てみましょう。設定に必要になるのは、「google_conversion_id」「google_conversion_label」「google_conversion_value」の3つの値です。

●参考:既存のGoogle AdWordsのコンバージョンタグ

<script type="text/javascript"> /* <![CDATA[ */ var google_conversion_id = XXXXXXXXXX;var google_conversion_language = "ja_JP"; var google_conversion_format = "1"; var google_conversion_color = "666666"; var google_conversion_label = "YYYYYYYYYY";if (1000) { var google_conversion_value = 1000} /* ]]> */ </script><script type="text/javascript" src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion.js"> </script> <noscript> <img height=1 width=1 border=0 src="//www.googleadservices.com/pagead/ conversion/XXXXXXXXXX/ ?value=1000&label=YYYYYYYYYY&script=0"> </noscript>

Google AdWordsのタグは、「Google AdWords」を選択して、「Choose a tag type(タグの種類を選択)」で「AdWords Conversion Tracking(AdWordsコンバージョントラッキング)」を選択します。「Continue(続ける)」をクリックすると設定項目が表示されるので、「Conversion ID(コンバージョンID)」に既存のタグの「google_conversion_id」の値を入力、「Conversion Label(コンバージョンラベル)」に「google_conversion_label」の記述があればその値を入力、「Conversion Value(コンバージョン値)」に「google_conversion_value」の値を入力します。「Conversion Value(コンバージョン値)」は、なければ「0」を入力すればOKです。わずか3つの項目をコピー&ペーストで埋めるだけなので、とても簡単ですね。

v20307a
タグの新規登録画面で「Google AdWords」→「AdWords Conversion Tracking(AdWordsコンバージョントラッキング)」と選択して「Continue(続ける)」を」クリックする。
v20307b
「Conversion ID(コンバージョンID)」「Conversion Label(コンバージョンラベル)」「Conversion Value(コンバージョン値)」にそれぞれ値を入力して「Create Tag(タグを作成)」をクリックする。

てこずりそうなのは、タグの設定よりもむしろ配信のトリガーかもしれません。といっても、「特定のページで配信したい」という条件であれば簡単にトリガーを作成できますので、それほどの労力は必要ありません。特定のページにタグを配信するトリガーの作り方は4-1で解説しているので、そちらを参照してください。

この記事は、Googleタグマネージャの初心者向け入門本となる電子書籍『実践 Googleタグマネージャ入門』の一部をWeb担の読者向けに特別公開しているものです。

実践 Googleタグマネージャ入門
時間を「劇的」に生み出すサイト修正不要のタグ管理術

本書は「Googleタグマネージャ」を解説する国内初の書籍です。Googleタグマネージャ認定パートナーのアユダンテ株式会社が、基礎知識から実際の設定方法までをていねいに解説。仕組みや基本的な考え方を理解できるよう、ひと通りの機能を網羅します。

2014年10月にリニューアルされた新インターフェースに完全対応。アクセス解析、リスティング広告、リマーケティングタグなどを日々扱うWeb担当者の方、またはWebサイトを管理しているシステム担当者の方に「今」おすすめの一冊です。

電子書籍『実践 Googleタグマネージャ入門』の中身や購入についてもっと見る
  • 実践 Googleタグマネージャ入門 時間を「劇的」に生み出すサイト修正不要のタグ管理術
  • 品種:電子書籍(リフロー形式/4.39MB)
  • 著者:畑岡大作(アユダンテ株式会社)著
  • 電子基準価格:1,000円+税(販売価格はストアにより異なる場合があります)
  • 発行:インプレス
  • 発売日:2014年11月10日
  • ページ数:160ページ
  • 書籍内容&販売サイト紹介
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]