衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

レポート画面の見方と構成(続き)

ページ

よろしければこちらもご覧ください

レポート画面の見方と構成(続き)

レポート画面の基本的な構成

では、レポート画面の基本的な構成について説明しよう。ここでは、[検索]>[サマリー]レポートを例にする。以下の手順に従って、レポートを開いてみよう。

操作手順
  1. 画面の左側にあるメニューで、[トラフィック]をクリックする
  2. メニューが開くので、[参照元]をクリックし、表示されるメニューから[検索][サマリー]を順にクリックする

レポート画面は開いているメニューによってさまざまな形式があるが、図6のように上部に折れ線グラフ(図6赤枠部分)、下部に一覧表形式(図6青枠部分)でデータを見ることができるフォーマットが多い。

図6:[検索]>[サマリー]レポートの画面
図6:[検索]>[サマリー]レポートの画面

上部の折れ線グラフ(図6赤枠部分)は、デフォルトでは、主指標の日別のデータをグラフ化したものになっており、下の一覧表(図6青枠部分)はディメンションの各項目別の指標データが表示されている。その間に挟まれているデータ群は、サイト全体のこの集計期間における指標データだ(図6で「訪問数」「訪問別ページビュー」「訪問時の平均滞在時間」「新規訪問の割合」「直帰率」が並んでいる部分)。

集計期間を指定する

見たいレポート名を選択して各レポート画面に入ってから、見たいデータの集計期間を指定するところからスタートしよう。図6緑枠部分がその集計期間を選択するメニュー(機能)になる。

はじめにレポート画面に入ると、自動的に、ログインした日の前日から過去31日間に集計期間が設定される。たとえば、10月18日にログインすれば、集計期間は9月17日~10月17日に設定されているという具合だ。この指定方法については次回に詳しく解説する。

エクスプローラから、表示したい指標グループの項目を選択する

次は表示させたい指標グループを選択する。指標グループとは、「エクスプローラ」タブの直下に並んでいる「利用状況」「目標セット1」「eコマース」(図6黒枠部分)の部分のことだ。デフォルトでは一番左の「利用状況」が選択されている。

ちなみに、「目標セット1」「目標セット2」などは管理画面で目標設定がされているプロファイルでないと表示されず、「eコマース」は管理画面でeコマースの設定が有効になっていなければ表示されない。

プライマリ ディメンションから、表示したい「ディメンション」を選択

さらに必要に応じて、下部の一覧表部分(図6青枠部分)では、そのレポートに関連するディメンション(図6黄枠部分)を選択できるようになっている場合が多い(「ディメンション」については第9回「ディメンションと指標の違いを理解する」を参照)。

これでレポートを見る準備ができた。すなわち、多くのレポートでは、以下のような操作によって、データを見るという手順になる。

  • レポート名を選択する
  • 集計期間を設定する
  • エクスプローラから表示したい指標グループの項目を選択する
  • プライマリ ディメンションから表示したい「ディメンション」を選択する

次回以降、それぞれの操作について、詳しく説明していく。

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。 → Google アナリティクス ゼミナール

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス