コメント投稿

シルバーエッグ・テクノロジーがレコメンデーション導入効果を評価する指標を提供開始

5種類のベンチマークを実施して指標を作成、偏差値で顧客評価示す
よろしければこちらもご覧ください

レコメンデーション専門のシルバーエッグ・テクノロジーは、レコメンデーションの導入効果を相対的に評価する指標「RPI(レコメンド・パフォーマンス・インデックス)」の提供を開始する、と9月1日に発表した。RPIは、同社のレコメンデーションサービスを利用しているECユーザー向けの付加価値サービスとして提供。年内は利用無料、2010年から月額5万円。

RPIは、レコメンド枠のクリック率、レコメンド枠の受注転換率、レコメンド利用受注率、レコメンド利用受注の商品数増分率、レコメンド経由受注の金額増分率の5種類のベンチマークを顧客企業の通販サイトなどで実施。評価数値をインデックス化して指標を作成する。各数値で顧客の総合評価を分布のどの水準にあるかを偏差値で示す。データは「RPIレポート」として毎月1回発行・更新する。

シルバーエッグ・テクノロジー
http://www.silveregg.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
000
000
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル