コメント投稿

アイレップ、中国ディレクトリ検索「hao123」日本企業カテゴリ登録への販売代理店募集開始

日本企業と現地法人の中国語サイトを登録する「hao123日本ビジネスリンク」登録を代行
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、中国検索エンジン最大手のバイドゥが3月28日に提供開始した中国ディレクトリ検索サービス「hao123(ハオイー アル サン)」の日本企業カテゴリへの登録を支援する「hao123日本ビジネスリンク登録サービス」の販売代理店募集を開始した、と5月25日発表した。日本企業のために日本企業と同現地法人の中国語サイトを登録する「hao123日本ビジネスリンク」への登録を代行する。

hao123は、中国の検索エンジン百度(Baidu.com)が提供するディレクトリ検索サービスで、Webサイトを分野ごとに整理して表示する。生活サービス、娯楽、地方サイト、その他の大カテゴリと、各20の小カテゴリで構成。hao123への登録によってユーザーに対し効率的に情報が提供でき、自社Webサイトへのアクセスが見込める。登録メニューは「hao123日本ダイジェストリンクエリア」と「hao123日本ビジネスリンクエリア」の2種類。登録サービスは日本国内では現在アイレップのみが提供している。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
380
380
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル