セミナーでよくある質問 「モバイル広告セミナー」篇 | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2009年11月5日(木) 13:19
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「セミナーでよくある質問 「モバイル広告セミナー」篇」 からご覧ください。
Posted by オンラインビジネス ソリューション チーム

先日、当ブログのセミナーでよくある質問「自動プレースメントセミナー篇」にて、AdWords セミナーでいただいたご質問とその回答集をご紹介させていただきました。

今回はその第 2 弾として、「モバイル広告」に関するセミナーでいただいたご質問の中から、いくつかのご質問と回答集をご紹介します。

モバイル広告の出稿をご検討中の方も、すでに出稿されていて効果を高めたい方も、ぜひ一度内容をご確認いただき、今後の広告運用にお役立てください。


モバイル広告の配信先についてのご質問

Q: 1 つのキャンペーンに PC 向け広告とモバイル広告が混在していると、どんなデメリットがありますか。

A: 広告の掲載結果の確認や予算の配分を、 PC 向け広告とモバイル広告とで分けて行うことができません。そのため、 Google AdWords では、 PC 向け広告とモバイル広告はキャンペーンを分けてご運用いただくことをおすすめしております。


Q: モバイル広告の場合も、キーワードや広告テキストの設定方法は PC 向け広告と同じでいいのでしょうか?特に意識するようなポイントはありますか?

A: 携帯端末は PC と比較して文字入力がしづらく、画面も小さいため、長いキーワードや多くの単語の掛け合わせでは検索されにくい傾向があります。また、外出先から検索することが多くなるため、地域名や「今すぐ」などの単語を含む広告テキストがクリックされやすい傾向があります。


Q: 携帯電話会社別に広告掲載結果を確認することは出来ますか?

A: 携帯電話会社別の統計データを詳細に分析されたい場合は、各携帯電話会社別に広告グループを作成して頂きますようお願いいたします。


Q: 携帯電話会社別に広告グループを作成した場合、アカウント内でキーワードが重複しますが、携帯電話会社が異なる場合は問題ありませんか?

A: 携帯電話会社別に広告グループを作成していただく場合は、広告グループごとに配信先が異なりますのでキーワードが重複して登録されていても問題はございません。

*モバイル広告の配信先の携帯電話会社を設定する方法・・・・モバイル広告作成画面にて、「詳細なターゲット設定とネットワークオプション」をクリックし、「指定した携帯電話会社のネットワークのみで広告を表示する」を選択します。


Q: AdWords で作成したモバイル広告は、 SoftBank の端末には表示されますか。

A: はい。 SoftBank のポータルサイトの検索結果画面には AdWords 広告は表示されませんが、それ以外の Google モバイルでの検索結果画面や、検索結果以外の一般サイトには AdWords で作成したモバイル広告が表示されます。


Q: モバイル広告でも、地域ターゲット設定は可能ですか?

A: 大変恐れ入りますが、現在のところ、モバイル広告で地域ターゲット設定はご利用いただけません。キーワードや広告テキストに地域名を含めていただくことでご対応お願いいたします。


モバイル広告の設定方法についてのご質問

Q: 表示 URL が半角 20 文字を超えてしまい、登録出来ません。どのように対応すればいいのでしょうか。

A: 表示 URL は実際のリンク先 URL とドメインが一致し、ドメイン拡張子を含めていれば問題ございません。
例: リンク先 URL: http://www.TravelingDog.net/toys.html
表示 URL: TravelingDog.net

ドメインとドメイン拡張子のみでも制限された文字数を超えます場合は、管理画面右上の 10 桁のお客様番号と、ご希望のリンク先 URL をご記入の上 AdWords お客さま窓口までご連絡ください。


Q: モバイル広告向けのキャンペーンを新規作成する際は、「ネットワーク、デバイス、拡張機能」欄でどれを選択すればいいですか。

A: 「検索」「コンテンツ」欄ではご希望の掲載先ネットワークをご選択ください。また、「デバイス」欄は PC 用の設定項目ですのでご設定頂く必要はございません。PC 用の広告テキスト作成時に「モバイル広告」を選択することで携帯端末向けに広告が配信されます。


Q: モバイル広告向けのキャンペーンを新規作成する際に、「ネットワーク、デバイス、拡張機能」欄に表示される「フル インターネット ブラウザ搭載の iPhone などの携帯端末」にはチェックを入れた方がいいですか。

A. 「フル インターネット ブラウザ搭載の iPhone などの携帯端末」のチェックは、通常の携帯電話向けのモバイル広告には影響ありません。フル インターネット ブラウザ搭載の iPhone などの携帯端末では、モバイル広告ではなく PC 向け広告が掲載されますので、PC 向け広告のキャンペーンを作成する際に、こちらのチェックボックスをご利用ください。


モバイル広告で効果を出すためのヒント

Q: 新しいキーワード ツール(ベータ版)はモバイル広告に対応していますか。

A: はい。「運用ツール」タブ > 「キーワード ツール」 > 「新規 新しいキーワード ツール(ベータ版)」
もしくは、「最適化」タブ > 「キーワード ツール」 > 「新規 新しいキーワード ツール(ベータ版)」の順にアクセスしてください。「詳細オプション」欄にて「モバイル検索の統計情報を表示」をご選択いただけます。詳細はこちらのブログ記事をご覧ください。


Q: 新しいキーワード ツール(ベータ版)の「ローカル月間検索ボリューム」と「グローバル月間検索ボリューム」の違いは何ですか?

A: 主な違いはデータの対象です。「ローカル検索ボリューム」 列には指定した地域と言語に、「グローバル月間検索ボリューム」 列にはすべての地域と言語に基づいた過去 12 か月間の月間平均検索ボリュームが表示されます。各月ごとのローカル検索ボリュームは、「ローカル月間検索ボリュームの傾向‎‏‎‎‏‎」を表示させてダウンロードするとご確認いただけます。


Q: ○○を扱っているのですが、新しいキーワード ツール(ベータ版)上でカテゴリを選択する際に、適したカテゴリはありますか?

A: ビジネスにマッチしたカテゴリがない場合は、検索ボックスの「ウェブサイト」欄に広告のリンク先となる URL を入力し、検索してみてください。システムがウェブサイトを分析し、サイトにあったキーワードを自動的に抽出します。


Q: Google Analytics のトラッキングを携帯サイトで使用する方法はありますか?

A: はい。先日 Analytics の機能が強化され、携帯サイトでの分析も可能となりました。詳細はこちらのブログ記事をご覧下さい。


いかがでしたでしょうか。普段気になっていたご質問の回答はございましたでしょうか?

今月も、モバイル広告最適化セミナー(モバイル広告をすでにご活用いただいている方向け)の開催が予定されております。下記リンク先より詳細をご確認のうえ、セミナーにお申込みいただければ幸いです。

*モバイル広告最適化セミナー
11 月 12 日(木) 11:00 - 12:00

*AdWords セミナー情報ページ
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]