動画広告市場は2,000億円突破目前?今動画を活用すべき理由とは | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2018年11月9日(金) 11:00
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「動画広告市場は2,000億円突破目前?今動画を活用すべき理由とは」 からご覧ください。

動画広告市場は2,000億円突破目前?今動画を活用すべき理由とは

近年、非常に伸びているのが、動画広告市場です。年々その規模は大きくなり、2,000億円を突破する日も近いと言われています。このように急激に活性化している市場を、興味深く観察している人も多いでしょう。ここでは、各界から大きな注目を集めている動画市場の推移や動画広告における需要の変化について、詳しく解説していきます。

動画市場の動向

まず、昨今の動画市場の変動がどうなっているのか、その変動の背景にはどんなことがあるのかについて説明していきます。

急成長する動画市場

ここ数年の動画市場の急激な成長には、目を見張るものがあります。サイバーエージェント社による国内動画広告の市場動向調査結果によれば、2017年の動画広告市場は1,374億円に達する見通しです。これは、前年対比163%という驚くべき成長率です。動画市場が急速に拡大しているのがよくわかります。

なかでも、スマートフォン動画広告需要は前年対比190%の成長であり、動画広告全体の約8割にも達します。市場規模は右肩上がりに成長すると予測されており、2019年には2,322億円、2023年には3,485億円に達することが見込まれています。スマートフォンの比率は、このうちの9割を占めることになりそうです。

背景

このように動画市場が急成長している背景には、一体どのようなことがあるのでしょうか。その理由について説明します。

5Gの話

動画市場が急成長を遂げている背景には「5G」があります。5Gとは、第5世代移動通信システムのことです。通信システムの分野は日々進歩しており、第1世代を1Gとして、第4世代の4Gまで来ています。そして、来るべき世代が5Gというわけです。

5Gになると、より大容量かつ高速の通信ができるようになります。データ通信容量は何と4Gの1,000倍、通信速度は100倍にもなると予測されています。4Gでも多くの人が何ら不便を感じることなく使えるレベルであるのに、さらにこの100倍、1,000倍のことが可能になると言われているのです。5Gは、2020年のサービス提供を目標にして開発が進められています。これによって、動画に関しては、これまでのように通信速度や容量などを気にしないで楽しめるようになるのではないかと期待されています。

コンテンツの動画化

メディアや情報サイトを中心に、コンテンツの動画化も進んできています。画像やテキストではなく、動画でユーザー獲得を目指す動きが活発になってきているのです。たとえば、ネスレ日本社が配信するネスレシアターではオリジナル作品や、世界各国から厳選されたショートフィルムをすき間時間に楽しめるショートフィルムコンテンツを提供しています。ネスレブランドのメッセージや価値、 世界観といったコンセプトを生かしたショートフィルムを通して、15秒のCMではできないブランド体験をユーザーにしてもらうのが目的となっています。

また、ユニリーバ社はYouTubeチャンネルを開設して、活躍するクリエイターにコンテンツ制作をしてもらっています。魅力的な動画コンテンツを作ることで、ユーザーの興味を引くのが狙いです。

動画に関するアプリにも、とても優秀なものが出てきています。たとえば、動画ソーシャルアプリ「TikTok(ティックトック)」は、若者を中心として、ショート音楽動画コミュニティとして人気があります。このアプリを使うことで、友達を作ったり、自分だけの音楽動画を撮ったり、音楽のペースをフォローしたりといった活動が可能です。ほかにも、料理動画メディア「Tastemade(テイストメイド)」では、配信ツールに応じて、長さや音声の有無などの工夫ができるアプリです。Facebookやインスタ、YouTube、Twitter、自社サイトなどで配信することができます。

手段別で見る動画コンテンツの有効性とは

ここでは、広告、採用サイト、メディアの3つの手段に分けて、動画コンテンツの有効性を説明していきます。

広告における動画のメリット

広告において、動画を使うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。文字のみのコンテンツと比較しながら、動画のメリットについて紹介します。

商品の特徴を伝えやすい

広告における動画のメリットとしては、商品やサービスを視覚的にわかりやすく伝えられる点が挙げられます。動画で商品をアピールすると、商品のイメージや利用するとどんなメリットが得られるかといった情報を、ユーザーへ直感的に伝えることができます。文字情報の場合は、文字を読むという作業がなければ情報を理解することができません。この点、動画は見てもらうだけで直感的に理解してもらえるのがメリットです。視覚的にアピールできるので、正確に情報を伝えられるのも良いところです。取扱い方法や組み立て方法など、文字にしにくい情報も、動画なら理解しやすくなります。

商品を実際に使っている動画では、購入後の具体的なイメージが湧くので、購買意欲の向上を目指すことができると言う点もあります。

出典:Crevo制作実績

たとえば、オイシックス・ラ・大地社が提供するOisixのミールキット「KitOisix(キットオイシックス)」の動画は、ある夫婦がキットを実際に利用している日常のシーンを描いたものです。これにより、視聴者はリアルな商品イメージを持ちやすくなり、購入してみようという気持ちになります。

幅広い層に見てもらいやすい

動画には「読む」作業が必要ないのが大きなポイントです。文字を読まなくてよいので、日本語がわからない外国人や小さな子どもでも、簡単に理解できます。また、文字よりも動画に親しみのある若者層や、細かい文字を読みづらい高齢者などにもアプローチしやすくなります。このように、幅広い層に向けて情報提供することが可能であることが、動画を活用するメリットと言えるでしょう。また、視聴者は視覚的・直感的に情報を受け取ることができるので、ユーザーの理解をより促進することもできます。

バナー広告より印象に残りやすい

注視時間についても、興味深いデータが出ています。YouTube広告で調べたところ、動画広告の注視時間は14.2倍、注視回数は32回と、一般的なウェブサイトのトップページよりも、動画広告のほうが見られていることがわかったのです。それだけ動画は人の目を引きつけやすいものだと言えるでしょう。

また、純粋想起についても、動画のほうが高い効果があることがわかりました。純粋想起とは「○○といえば××(ブランド名)」というように、特定のブランド名を思い起こす反応のことをいいます。この純粋想起について調べたところ、バナー広告での純粋想起率は8.9%でしたが、動画広告での純粋想起率は14.7%と、大きな差が出たのです。画像や文字だけからなるバナー広告よりも、動画のほうがユーザーへ与える印象が強く、印象に残りやすいということがわかります。

採用サイトにおける動画のメリット

採用サイトにおいても、動画の重要性が非常に高まっています。文字のみのコンテンツと比較しつつ、採用動画を制作するメリットを見てみましょう。

社長・役員の拘束時間を減らせる

採用動画のメリットとしては、社長・役員の時間の節約が挙げられます。説明会のたびに社長や役員に話をしてもらうとなると、社長や役員の拘束時間が長くなってしまい、業務に影響が出てしまいます。また、社長や役員が出演する動画を一度作れば、それを採用サイトへ掲載することも可能です。社長・役員の時間を取りませんし、採用メッセージも応募者へ効果的に伝えられます。

採用コストパフォーマンスが上がる

動画の活用には、コストパフォーマンス的なメリットもあります。実際に、採用動画を活用するようになったところ、活用前に比べて応募数がアップしたと言う事例もあります。その理由としては、動画のほうが応募者に会社の雰囲気を伝えやすいこと、コミュニケーションの構築に積極的な企業であるとアピールできることなどが考えられるでしょう。

実績:Crevo制作実績

たとえば「BIZREACH」では、イベント用動画を作成し、アニメーションと数字を上手く使いながら、自社の優位点を効果的に表現しています。

マッチングの精度が上がる

動画を活用すると、口頭で説明するよりも圧倒的に多い情報量を応募者へ伝えることができます。動画を見て、実際に働くイメージが湧いてから面接を受けて、内定・入社という流れになれば、内定辞退・入社後の早期退社を防ぐことも期待できます。

メディアにおける動画コンテンツのメリット

メディアにおいて、動画を利用することのメリットとしてはどのようなことが挙げられるでしょうか。文字のみのコンテンツと比較しながら、メリットについて解説していきます。

潜在的なファンを作ることができる

動画の最大のメリットは、人の記憶に残りやすいことです。LIONBRIDGEの調査によれば、動画を視聴した人は動画内容の50%が記憶に残っている一方で、文字で読んだ人は情報の22%しか覚えていないという結果が出ています。同じ内容を発信しても、動画にするか文字にするかで、記憶の残り方に大きな違いが出るということです。

メディア内では、動画で情報を配信していくことで、ユーザーに強い印象を与えることが可能です。企業のイメージアップを図ったり、競合他社との差別化、商品の購買促進をしたりすることが期待できます。

実績:Crevo制作実績

たとえば、求人情報サイトの「働くナビ」では、視聴者の意識に残りやすいよう、オリジナルソングを制作してミュージックビデオ風にサービスを紹介しています。

ソーシャルシェアされやすい

ソーシャルシェアの確率を調べたある調査では、動画が埋め込まれている投稿とそうでない投稿と比べた場合に、明らかに動画ありの投稿のほうが高かったという結果が出ています。印象に残るような動画をアップすれば、多くの人がシェアするようになり、結果としてメディアの知名度を高められることが期待できるということです。

出典:Crevo制作実績

たとえば、お部屋探されサイト「ietty」では、わずか17秒という短さの中に、強い印象を残すような工夫をしています。

効果的な動画を制作するために大切な4つのこと

ここでは、これから動画を制作しようと考えている人に向けて、ユーザーを惹きつけるような効果的な動画を制作するために大切なことを説明していきます。

情報をコンパクトにまとめる

まず、動画制作では情報をコンパクトにまとめることが非常に重要です。動画に抑揚がなく長すぎると、最後まで見てくれなかったり、スキップされてしまったりすることがあります。伝えたい内容を明確にし、シンプルにかつ印象に残りやすい動画にすることが大事です。

出典:Crevo制作実績

たとえば京セラ社の「80秒で分かる、京セラのファインセラミックス」では、専門的になりがちな説明について、アニメーションを使ってわかりやすく解説しています。

目的に応じた内容にする

動画は、1本にすべてを盛り込むのではなく、目的別に動画を制作することで、効果的にアピールすることができます。たとえば、会社の認知度アップを目的にするなら、自社のコンセプトや指しているブランドイメージを表現する動画を制作するとよいでしょう。販売促進を目的に制作するなら、商品の説明動画、使用方法動画、導入事例動画といった方法があります。目的によって最適な動画が異なるので、目的ごとに制作するのが理想です。

クオリティの高い動画を制作する

動画のクオリティは、機材や編集ソフトのレベルによって大きく左右されます。妥協して低いクオリティの動画コンテンツを公開してしまうと、かえって企業・商品のブランドイメージを落としかねません。フリー素材やフリーソフト、プロ仕様ではない一般消費者用機材なども手に入りますが、こうしたものでは制作に限界があります。よりよいものを制作したいなら、やはり制作実績のある制作会社や専門のクリエイターに依頼するのがおすすめです。

最適なクリエイターを見つける

制作会社や、そこに在籍するクリエイターによって、得意分野・特徴は異なります。作りたい動画を得意としている会社やクリエイターを上手に探すことが、よい動画制作の第一歩です。この点、動画制作プラットフォームがある動画制作サービスのCrev(クレボ)では、5,000人以上のクリエイターから最適な人が動画に合わせてアサインされるメリットがあります。いろいろな得意分野を持つクリエイターがたくさんいるので、希望の動画を制作することができます。通常の動画制作サービスではなしえない多彩な表現に応えられる環境があり、初心者でも安心のフルサポート体制なので安心して依頼できるでしょう。

需要の高い動画制作はプロに依頼しよう

動画制作の需要は年々高まってきており、多くの企業が積極的に動画制作に乗り出しています。今後増えていく動画に埋もれないためには、印象的な動画の制作が重要です。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]