『人間中心設計入門』出版記念セミナー:初心者セミナー&教育実践者ワークショップ開催のお知らせ | HCD-Net

HCD-Net - 2016年6月14日(火) 12:06
このページは、外部サイト HCD-Net の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「『人間中心設計入門』出版記念セミナー:初心者セミナー&教育実践者ワークショップ開催のお知らせ」 からご覧ください。

  HCD-Netでは今年度からHCDライブラリーを教科書としたセミナーとその講師を拡大する活動を始めます。

  その第1弾として、『人間中心設計入門』を教科書としたセミナーを開催します。

  第一部は初心者を対象とした入門セミナーです。新入社員はもちろん、これから人間中心設計に取り組みたいマネージャーの方にもおすすめです。

  第二部は第一部のようなセミナーの講師をしたい人のためのワークショップです。社内教育に活かしたい方、講師の経験を積みたいと考えている方などにおすすめです。第一部と合わせてご参加ください。

 

*同様の内容で、9月17日(土)にも都内で開催予定です。

募集開始は8月中旬からになります。

 

■日時:2016年7月15日(金)10時~(受付:9:30~)

 

■会場:中央大学駿河台記念館 607

http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

 

■講師:山崎 和彦氏(千葉工業大学教授、HCD-Net理事)

 

■プログラム:

第一部 10:00-12:00

『人間中心設計入門』初心者のためのセミナー

・HCDとは?HCDの事例は?

・ユーザービリティ、ユーザーエクスペリエンス、デザイン思考とは

・HCDのサイクルと導入

・HCDの4つのステップにおける手法の概要

募集:60名

 

第二部 13:30-18:00

『人間中心設計入門』を使ってHCDの入門教育をするためのワークショップ

・入門教育のためのデザインとは、

・入門教育の計画

・入門教育のプロトタイプ

・入門教育の実践

・入門教育の評価

募集:25名

 

18:30 懇親会(希望者のみ)

 

■参加費:

【第一部のみに参加の場合】

HCD-Net会員2,000円(書籍込み 3,500円)

一般 5,000円(書籍込み 6,500円)

【第一部+第二部】

HCD-Net会員10,000円(書籍込み 11,500円)

一般 18,000円(書籍込み 19,500円)

【懇親会】4,000円

※書籍名は「人間中心設計入門(HCDライブラリー)」です。

※第二部のみへの参加はお受付致しかねます。

 

■参加申込方法:

メールタイトルを「『人間中心設計入門』出版記念セミナー7/15 参加希望」として、以下の内容を hcdnet_registration@hcdnet.org までご連絡ください。

---------------------------------------------------

氏名:

所属先名:

会員種別:正会員/賛助会員/学生会員/一般/一般学生

電話番号:

メールアドレス:

参加形態:該当するものを残してください。

・第一部のみに参加

・第一部と第二部に参加

書籍購入:有 ・ 無

懇親会: 有 ・ 無

参加費領収書の宛名:

※記載がない場合は所属先名で発行いたします。

----------------------------------------------------

※受付メールを事務局より返信いたします。参加費の支払い方法の案内は受付メールに記載されています。受付メールが2、3日(土日祝日を除く)で届かない場合は事務局にご連絡ください。請求書をご希望の場合は本文にその旨と、請求書のあて先と郵送先をご指定ください。

 

※不測の事態や事故等によりプログラムが変更される場合があります。予めご了

承ください。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]