スマホグッズECのHameeが東証マザーズに上場へ、4/20に株式を公開予定 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2015年3月17日(火) 08:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「スマホグッズECのHameeが東証マザーズに上場へ、4/20に株式を公開予定 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム」 からご覧ください。
ハミィが調達する資金の総額は9億円超で、EC支援のプラットフォーム事業の強化などに充当する

スマートフォングッズのECなどを手がけるHamee(ハミィ)は4月20日、東証マザーズに上場する。東京証券取引所が3月16日に上場を承認した。公募株数とオーバーアロットメントによる売り出しを含めた売出株数は45万6000株(オーバーアロットメントを除くと39万7000株)で、ブックビルディング方式で売却価格を決める。有価証券届出書提出時における想定発行価格2530円で算出した場合、オーバーアロットメントによる売り出しを含めると、ハミィが調達する資金の総額は9億円超。主幹事はみずほ証券。

経営陣などによる株式の売り出し(引受人の買取引受による売り出し)は約2億2000万円。株式公開にあたり市場に吸収される金額を意味する吸収金額は、合わせて約11億5000万円となる。

調達した資金はEC支援のプラットフォーム事業の強化などに充当する。機能強化や新規ユーザー獲得のための新サービス開発を目的とした設備投資に充てる予定。事業拡大にともなう本社オフィスと東京事務所の拡張といった整備、金融機関からの借入金などの返済にも充当する。

ハミィはスマホグッズのECを中心に、同グッズの卸事業、海外展開のコマース事業、EC支援に関するプラットフォーム事業を展開。2014年4月期の連結業績は、売上高が46億8100万円(前期比12.3%増)、営業利益は2億2600万円(同23.8%増)、経常利益は2億2200万円(同5.3%増)、当期純利益は1億2100万円(同14.0%減)だった。

セグメント別の内訳を見ると、コマース事業の売上高は41億9100万円(同比9.5%増)、営業利益は1億5300万円(同25.3%増)。プラットフォーム事業の売上高は4億8900万円(同43.8%増)、営業利益は7300万円(同20.8%増)。

Hameeの売上高推移

Hameeの売上高推移

ハミィは1998年に現社長の樋口敦士氏が設立した、モバイル周辺アクセサリーの企画・販売のマクロウィル有限会社が前身。1998年8月に自社サイト「携帯アクセ市場」でECを開始した。

2001年には社名を「株式会社ストラップヤ.com」に変更。2008年5月にはECの業務を一元管理する「ネクストエンジン」の外部販売を始めた。ECによる海外販売も積極的で、2011年に韓国法人、2013年に米国法人を設立。2013年4月期に連結の売上高が40億円を突破した。現在の社名、Hameeに商号を変更したのは2013年。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:スマホグッズECのHameeが東証マザーズに上場へ、4/20に株式を公開予定 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

関連リンク: 
瀧川 正実
ネットショップ担当者フォーラム編集部 デスク

通販、ECに関する業界新聞の編集記者を経て、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、EC業界に関わること約8年。まだまだ、日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]