サイトへのリンクに関する新たなメッセージについて | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「サイトへのリンクに関する新たなメッセージについて」 からご覧ください。
サイトオーナーの方々の多くが、Google 検索におけるご自身のサイトの状況を確認するのに ウェブマスター ツール を利用しています。先週 Google は外部からの不自然なリンクを持つサイトに対してウェブマスター ツール上に新たなメッセージを送り始めました。そこで今回、この新しいメッセージについてご説明したいと思います。

これまで送っていたリンクメッセージについて
​あるサイトへの不自然なリンクを発見した場合、Google の対応方法は一つではありません。ひどいケースであれば、Google はサイト全体を信用できないと判断して対処をおこなうこともあります。例えば、広範に行われているリンク操作行為に、長期間にわたり参加していたと考えられるような場合です。Google は、以前からこのようなサイトに対してはメッセージを送信していました。このメッセージが届いたサイトオーナーの方には、これらのスパムリンクまたは低品質なリンクを可能な限り取り除き、サイ​​トの 再審査リクエストを送信する ことをおすすめしています。

なお、リンク操作のために、登録型ディレクトリやブログ ネットワークを利用していた場合、そうしたサイトの中にはリンクの削除を依頼しても対応してくれない場合がまれにあることも認識しています。もしそうしたサイトからリンクの削除に対して費用を請求された場合、再審査リクエストの中で詳細に Google にご報告ください。報告方法についてはウェブマスター ヘルプ フォーラムの「Google 社員によるウェブマスターの豆知識: 再審査リクエストにまつわる誤解 Part 2」をご参照ください。また、そのようなリンクスパム行為を行なっている悪質なサイトをご存知でしたら、ぜひ スパムレポート でご報告ください。

新たに送信を開始したリンクメッセージ
不自然なリンクの中には、上記のようなケースほど悪質ではないものもあります。そのような場合には、サイト全体のランキングを下げるのではなく、リンクネットワークの一部として作成されたスパムリンクや人為的なリンクなど特定のリンクのみ信用しないという対策を行う場合もあります。新しいメッセージは、こうしたケースを送信対象としています。また、行われた対策が、サイト全体に対してではなく特定の不自然なリンクに対してのみ適用されたことを明確に伝える内容となっています。なお、このメッセージはウェブマスター ツールのメッセージ センターに表示されますが、他の重要なメッセージにあるような黄色い感嘆符をつけていません。これは、これまで他のガイドライン違反の際に送ってきた "Google はサイト全体を信用できないものとして認識している"というメッセージほどは深刻ではないことを表しています。

この新しいリンクメッセージはどのくらい重要ですか?
それでも、この新しいメッセージには注意を払うことをおすすめします。基本的に、Google があなたのサイトへのいくつかのリンクを信用しなくなったことを意味しているからです。この対策は、特に問題のないサイトに向けてスパムリンクや人為的なリンクが張られている場合によく取られます(ウィジェットを使ったリンク操作、ブログやゲストブックを利用したリンクスパム、有料リンク、過度の相互リンク、その他のリンクスパム等)。サイトの全体的なランキングに大きな影響はないかもしれませんが、同時にそのサイトは、いくつかのキーワードの検索結果上で良い結果を期待できなくなるかもしれません。そのため、このメッセージを単なるアドバイスとして無視することはおすすめできません。

だからといって、このメッセージを受け取ってもあわてる必要はありません。今回のメッセージは、「バイアグラ 購入」のようなアンカーテキストのリンクを勝手に張られてしまったサイトなどにも送られているからです。

それでは、どのようなケースに対してこの新しいメッセージをお送りしているか、いくつかのケースをご紹介しましょう。以下のケースは、実際にこの新しいメッセージが届いたサイトのオーナーから私(訳注: Matt Cutts)に問い合わせがあったケースとなります。そうした問い合わせに対して私がどのように回答したかここでご案内することで、メッセージの意図をより具体的にご理解いただければと思います。

ケース 1 : ウィジェットを使ったリンク操作
最初の例は、ウィジェットからのリンクについてです。ウィジェットからのリンク以外の部分ではウェブマスター向けガイドラインに準拠しているサイトオーナーの方から、今回のメッセージについて問い合わせがありました。そのメールへの私の返信をご紹介しましょう(なお、サイトの特定につながる詳細は伏せてあります)。
「お問い合わせをいただきあなたのサイトの状況を調べましたが、Google の対応は間違ってはいないようです。例えば Page1 と Page2 を見てみてください。これらのページは、あなたが配布している Widget1 を掲載しています。しかしこの Widget1 からは、キーワードを色々詰め込んだリンクがあなたのサイトに張られています。Anchortext1 や Anchortext2 がその例です。

キーワード「widgetbait matt cutts」で検索してみてください。私が何故 SEO を強く意識したキーワードをウィジェットからのリンクに仕込むことをすすめていないか、という話を色々ご確認できることと思います。例えばこちらの記事をご覧ください。
http://www.stonetemple.com/articles/interview-matt-cutts-061608.shtml
今回お送りしたメッセージがお伝えしているのは、あなたのウィジェットからのリンクは効果がないだけでなく、そこで使われているアンカーテキストでの検索に対して、あなたのサイトが上位に表示されることを妨げているであろうということです。」ケース 2 : 有料リンク
次のケースは、サイトへのリンクの中に有料リンクが存在していたため、新しいリンクメッセージを受け取ったケースです。メッセージを受け取り問合わせてきた A 社に、次のようなメールを返信しました。
「私は A 社がこのメッセージを無視することをおすすめしません。例えば、こちらのスパムブログの記事をご覧ください。このようなスパムサイトからのリンクが A 社に向けて張られているのを見ると、A 社のリンク構築手法に疑問を感じます(ウィジェットを使ったリンク操作も沢山あるようです)。このようなリンクは A 社を助けることはありません。そこで、どのように、何故このようなリンク構築を始めたのかを調査してみるといいのではないでしょうか。」もう一つ、リンク構築を行なっていた SEO 業者とのメールのケースをご紹介します。その業者は PageRank をわたす有料リンクのみで構成される登録型のディレクトリからリンクを得るという手法を用いていたため、Google はそのようなリンクを信用しないことを伝えました。

有料リンクの最後のケースです。以下が私の書いたメールになります。
「B 社にこのメッセージが送られたのは、長い期間にわたって PageRank に影響のある有料リンクを購入してきたためです。特にこのケースでは、お金を払ってたくさんの低品質なページを作らせ、そこから SEO を意識したアンカーテキストを持つリンク(PageRank をわたすもの)を張る行為が見られました。そうしたリンク操作を行った結果得られたのは、Google がそのサイトへの多くのリンクを信用しなくなった、ということだけです。例えばこの Page3 や Page4 を見てみてください。もっとたくさんの例を挙げることもできますが、これだけでも何が問題なのか分かってもらえる事と思います。このケースで私がおすすめするのは、これらの有料記事をすべて削除し、再審査リクエストを送信することです。もしそうした対応をしない場合、Google がそれらのリンクを信用することはありません。」ケース 3 : 風評操作(reputation management)
サイト自体はウェブマスター向けガイドラインに違反していないにも関わらず、そのサイトへのいくつかのリンクを Google が無視するケースもあります。例えば、風評操作のケースです。今回このようなケースに該当する 2 つのサイトから連絡がありました。一つは有名なニュースサイトで、もう一つは非営利団体のサイトでした。どちらのサイトにも、今回の新しいリンクメッセージが送信されています。一つ目のケースでは、風評操作会社がスパムリンクを使用してニュースサイト上の肯定的な記事の掲載順位を上げようとしていました。Google はニュースサイトへのこれらのリンクを無視するようにしました。二つ目のケースでは、その団体と関係のない第三者が有料広告ネットワーク上のテキストリンクを買うことによって、人名の検索結果を操作しようとし、それに団体のサイトが巻き込まれた形となっていました。一つ目のケースと同様に、それらの特定のリンクを無視するようにしましたので、非営利団体のサイトが対応する必要は全くありませんでした。

新しいリンクメッセージを受け取った場合はどうすればいいですか?
Google は最近、ウェブマスター ツール上の 「サイトへのリンク」に、日付順にソートされたリンク一覧をダウンロードする機能 を公開しました。今回ご紹介した新しいリンクメッセージを受け取った場合には、このリンク一覧を利用し、日付の新しいリンクからチェックしていくとよいでしょう。あなたの会社の誰かが ウィジェットを使ったリンク操作、有料リンク、またはひどいリンクスパムを行っていることを発見した場合、そのリンクを取り除き、再審査リクエストを送信することをおすすめします。また Google では、サイトオーナーの方がこれらのメッセージを受け取った際に対処しやすくするために、問題点を絞り込む手助けとなるよう、より具体的な例示をするための方法を検討しています。

さらに少し背景をお話しますと、今回、約 20,000 弱のドメインにメッセージをお送りしました。これは、通常 1 ヶ月でお送りするメッセージの 10 ​​分の 1 程度の数です。今回 Google は、外部からのリンクの一部が信用を失ったすべてのサイトについて、過去に遡って送っています。今後は、現在のペースで計算しますと平均で 1 日約 10 サイトにお送りするようになるでしょう。

まとめ
このブログ記事が、今回送信を始めたメッセージの意味合いについてご理解いただくのに少しでもお役に立てればと思います。このメッセージを受信したからといって、あわてる必要はありませんが、完全に無視することもおすすめしません。このメッセージでお伝えしたいのは次のようなことです。”この問題は、サイト全体の信用には影響しませんが、サイトへのリンクの一部に対する信用には影響を与えます。結果として、いくつかの検索キーワードではあまり高くランクされないかもしれません。”

このメッセージが伝える問題点は限定的なものです。Google は、サイトに潜在的な問題があること(そして調査する価値があること)を、サイトオーナーの方を過度に心配させずにお知らせする方法を考えてきました。今回ご紹介したリンクメッセージはその新しい一歩であり、透明性を高めるとともに、サイトオーナーの方に外部から受けるリンクを調査した方がよいのではとお伝えするためのものです。

※現在この新しいリンクメッセージは、ウェブマスターツールの言語設定を日本語に設定している場合でも「Unnatural inbound links」という英語の件名・内容で届きます。日本語版のメッセージは準備中となりますのでいましばらくお待ちください。対応方法は、英語 / 日本語どちらのメッセージでも同じです。

Original version: New notifications about inbound links
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]