【メールマーケティング】シナリオメールとステップメールの違い

顧客体験を高めるメールマーケティングのためにできることは何があるでしょうか?ユーザーの興味や関心に応じてメールを届けるシナリオメール、ステップメールについて解説します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

MA(マーケティングオートメーション)ツールやCRM(顧客管理)システムが広まり、マーケティング手法が多様化しています。
そして、昨今のコロナ禍においては消費者の行動が大きく変化しWebの持つ役割やコミュニケーションの方法も変化してきました。

マーケティング業務の基本とも呼べるメール配信に取り組んでいく中で、「ユーザーに合った内容のメッセージを、ユーザーに合ったタイミングでメールが届けられればいいのに。」と感じたことはありませんか?
ユーザーの動きが多様化した現在、すべてのユーザーを同一とみなして

  • 同じ内容のメッセージ
  • 同じタイミングでのメール配信

では効果が得られにくくなっています。

必要なことは、ユーザーごとに適したメールを最適なタイミングで届けることによって「ユーザーの顧客体験を高める」ことです。
例えばシナリオメールを活用することで、企業視点ではなく、ユーザーのタイミングや興味度合いに応じて自動でメールを配信することが可能となり、高い顧客体験を実現します。

本記事では、シナリオメールについてのメリット・デメリット・ステップメールとの違いや運用のポイントについて解説します。

メールマーケティングを自動化させる2つの手法

  • ステップメール
  • シナリオメール

ステップメールの特長

日付を起点としたメール配信を行うステップメール。
フォーム登録や購入日などの日付を起点とし、例えば登録から3日後や1週間後などに自動でメールを配信することが可能です。

シナリオメールの特長

シナリオメールではユーザーの行動を起点として配信タイミングや配信内容を分岐させながら、メールを配信することが可能です。
例えば、メールの反応の有無や反応しているコンテンツによってその後のコミュニケーションを変化させることができるため、ユーザー体験を高い配信を実現することができます。

では、ステップメールとシナリオメールをどう使い分けることがより高い成果につながるのでしょうか?

シナリオメールの具体的なフローや効果を高めるポイントなど、
記事の続きはこちらから

 記事の続きを読む 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]