オプトが「LINE」ユーザーへのシナリオ配信に特化したMAツール「TSUNAGARU:MA」提供

会員登録・ID連携していないユーザーにもサイト閲覧・行動情報からシナリオ配信可能
よろしければこちらもご覧ください

eマーケティング事業のオプトは、「LINE」ユーザーへのシナリオ配信に特化したマーケティングオートメーション(MA)ツール「TSUNAGARU:MA(ツナガル:エムエー)」の提供を始めた、と6月29日発表した。同社がLINEの公式アカウント開設企業向けに展開するマーケティングツール「TSUNAGARU」と連携する。企業サイトの各ページにTSUNAGARU:MAのタグを設置することで、会員登録・ID連携していないユーザーに対しても、サイトの閲覧・行動情報などを基に、LINEでシナリオ配信が可能になる。

約100パターンのテンプレートから配信シナリオが選べ、MAツールの操作経験がなくても容易に設定できる。会員登録・ID連携していないユーザーには、最後に閲覧した商品と同じカテゴリーの商品のレコメンドや、「お気に入り」に追加した商品の再入荷、値下げ、在庫通知などが可能になる。会員登録・ID連携済みのユーザーには、属性情報や購買履歴を連携することでさらに多くのシナリオ項目が設定できる。ECサイトに導入したところ通常のメッセージ配信に対して購入率が約4倍になったという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]