Google広告の画像表示オプションとは?配信してわかった効果がある画像のポイント

2021年5月に Google 広告でリリースされた「画像表示オプション」について、基本から設定方法・実際の導入事例まで徹底解説しました。画像表示オプションとは、リスティング広告が表示される際に、広告の右側に正方形もしくは長方形の画像を表示させることができる広告表示オプションの1つです。簡単に設定でき、成果も良くなることが期待できる素晴らしい機能です。ぜひ導入をご検討ください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 2021年5月に Google 広告でリリースされた「画像表示オプション」。皆さんもう試されましたか?「まだ試していない」「リリースされたこと自体知らなかった」といった方もいるのではないでしょうか。

今回は画像表示オプションの基本から設定方法や、使用する画像の規格、審査落ち対策、実際の導入事例を紹介します。

画像表示オプションとは

画像表示オプションとは、Google 広告の広告表示オプションの1つで、リスティング広告が表示される際に、広告の右側に正方形もしくは長方形の画像を表示させることができる機能です。

「iPhone12」と検索した時に、画像つきオプションが表示されたリスティング広告

スマートフォン、PC、タブレットなど全てのデバイスで表示させることが可能ですが、2021年6月時点ではスマートフォンで表示されることが多く、また正方形・長方形の両サイズを入稿していても、正方形の画像の方が優先して表示される傾向があるようです。

サイトリンクや電話番号表示オプションなどと同様に、広告が表示される際に必ず表示されるわけではなく、掲載順位や検索されたタイミングによっては表示されないこともあります。

また、サイトリンク等のその他の広告表示オプションは Google 広告アカウントを開設してからすぐに設定することが可能です。しかし、画像表示オプションは、開設から90日以上経過しているアカウントであることや、これまでポリシーを遵守してきた実績があることなどのいくつかの条件を満たしている必要があります。

動的画像表示オプションとの違いは?

画像表示オプションの簡易版で、動的画像表示オプションという機能があります。動的画像表示オプションは、広告の遷移先に設定されているランディングページから画像の検出および抽出がおこなわれ、ユーザーの検索語句に最も的確だと判断された画像が自動的に反映される仕組みです。

動的画像表示オプションでは、優れた利便性が得られるよう品質と関連性に関する厳密なチェックが行われますが、画像表示オプションがある場合は、必ず動的画像表示オプションよりも優先的に表示されます。

引用元:画像表示オプションについて|Google 広告ヘルプ

画像の入稿などの手間がかからない半面、意図しない画像が表示されてしまうなどのリスクがあります。

画像表示オプションの入稿規定と設定方法

画像表示オプションのメリットを最大限に活かすためには、多少手間はかかっても手動で画像を選定することをおすすめします。画像表示オプションの入稿規定は以下のとおりです。

記事の続きはこちら

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]