マルケトの使い方とは?デジマチェーンが初心者におすすめする4機能を紹介!

「マルケトを導入したけど何から始めれば良いの?」 「初心者はマルケトの何の機能を覚えたら良いの?」実は初心者でも簡単にマルケトを使えるようになる機能があるんです!広告代理店支援のデジマチェーンがマルケトを使い始めて間もない人で、MA(マーケティングオートメーション)機能を始めて使う人に向けて、マルケトの何から始めたら良いのか紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「マルケトを導入したけど何から始めれば良いの?」
「初心者はマルケトの何の機能を覚えたら良いの?」

マルケトを導入したは良いものの、デジタルマーケティング初心者で何から手をつけて良いかわからない人もいますよね。

実は初心者でも簡単にマルケトを使えるようになる機能があるんです!

ここでは、マルケトを使い始めて間もない人で、MA(マーケティングオートメーション)機能を始めて使う人に向けて、マルケトの何から始めたら良いのか紹介します。

初めから機能を使うこなそうとせずに、デジタルマーケティングの基礎から学ぶことが重要です。

この記事を読んで、マルケトの扱い方に慣れて作業効率アップに繋げましょう!

週4時間で売上2,000万円の新規事業はじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

Web広告代理店事業を立ち上げたい方のご相談はこちら

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

1.マルケトの使い方を学べる3つの機能

マルケトの使い方を学べる3つの機能

ここではマルケトを初めて使う人やこれから使い始める人に向けて、マルケトの活用方法を紹介します。

実はマルケトにはデジタルマーケティング初心者に優しい機能があるんです。

おすすめの機能は以下の3つです。

  1. Marketo University
  2. 実践的な有償トレーニングコース
  3. マーケティング入門ガイド

マルケトではメールやSNSを活用しますが、まずはデジタルマーケティングに関する知識を身につけた方が良いので、初心者向けの機能を利用しましょう。

(1) Marketo University

Marketo University

マルケトを導入したらまずは Marketo Universityのページを参照することをおすすめします。

このページでは、マルケトを使い始めたばかりの人向けに…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

2.初心者におすすめの機能4選

初心者におすすめの機能4選

マルケトの使い方に慣れたら積極的に活用していきたい機能を紹介します。

今回紹介する機能は以下の4つです。

  1. ランディングページの作成
  2. パーソナライズメールの作成
  3. ソーシャル広告の活用
  4. マーケティングアナリティクスの活用

何となく知っている人もいるかもしれませんが、把握しておくことで活用の幅が広がりますよ。

それでは、順に説明していきます。

(1) ランディングページの作成

ランディングページの作成

マルケトを利用するなら、まずはランディングページの作成に取り掛かりましょう。

ランディングページはユーザーが最初に訪れるページ…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

3.導入目的に合わせて機能を選ぶ大切さ

優先して習得すべき機能

マルケトにはたくさんの機能が搭載されていますが、マルケトの導入目的に沿った機能を優先して使いましょう。

マルケトを導入して間もない内は、慣れることに必死で目的を忘れてしまいがちです。

そのため、どのような機能を使えば良いのかわからなくなったときは、一度マルケトを導入した理由を思い出してください。

  • 顧客情報を集めて、コンタクトの質を高めたい
  • 顧客とのコンタクトの頻度を上げたい
  • 無駄のないデジタル広告を出したい
  • キャンペーンの結果をマーケティングに役立てたい

恐らく、上記のようなマルケトを導入した理由があるはずです。

確かに、マルケトのおすすめ機能は早めに取り組んだ方が良いのですが、一番改善したい部分から取り掛かった方が導入目的と一致して分かりやすく効果が表れるでしょう。

マルケトを利用する目的は大きく分けて「顧客情報の管理」と「マーケティング分析」の2つですが、細かく目的を設定することで活用するイメージが沸きやすくなりますよ。

マルケトの優れた機能を淡々と利用するのではなく、はっきりと目的を持って活用しましょう。

まとめ

マルケトの使い方が分からない内は、闇雲にたくさんの機能に手を出すのではなく、使い方の解説ページやトレーニングコース、マーケティング入門ガイドを参考にして、1つ1つコツコツと消化していきましょう。

また、何の機能から使えば良いのかわからないときは、マルケトを導入した目的に沿った機能や今回紹介したおすすめ機能を中心に取り組み始めてください。

全ての機能を最初から使おうとせずに、必要な機能から順に習得し、その後便利な機能を活用すると無理なくマルケトを活用できますよ。

今回の内容を参考にして、マルケトの扱い方に慣れ作業効率や業績をアップさせましょう!

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]