【メディア向け】おすすめWeb広告手法4選

今回はオウンドメディアを始めとするメディアが、SEO対策やSNSだけではないもう一つの集客戦略として使えるWeb広告手法を紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況が続いており、働き方への影響も広がっています。東京都が2021年1月に発表した「テレワーク導入調査結果」によると、2021年1月のテレワーク導入率は約60%と、半数以上の企業がテレワークを実施していることがわかります。働く環境の変化に伴い、営業活動のオンライン化が今まで以上に進み、BtoB、BtoCに関わらず、今後はWebメディアの重要性がより高まると推測できます。

現在はキュレーションアプリやSNSが普及しており、メディアが集客する方法は増えましたが、競合が増え、アルゴリズムが進歩したことで、SEO対策の難易度も上がりました。ユーザーが情報収集する方法も多様化したため、SEO対策だけでは充分に集客できない可能性があります。

今回はオウンドメディアを始めとするメディアが、SEO対策やSNSだけではないもう一つの集客戦略として使えるWeb広告手法を紹介します

▶ Grabで続きを読む

メディアのWeb広告が目指すもの

Web広告には必ず目的があり、それを評価するための指標が存在します。

見込み顧客からの問い合わせを狙うのであれば、いちばん重要な指標は問い合わせ数(コンバージョン数)です。

▼代表的な指標と計算式
○コンバージョン数(CV)  = クリック数(CL)×コンバージョン率(CVR)
○コンバージョン単価(CPA)= クリック単価(CPC)÷コンバージョン率(CVR)

▼例:クリック数1万回、クリック単価100円、コンバージョン率1%
○コンバージョン数  = 1万回 × 1% → 100件
○コンバージョン単価 = 100円 ÷ 1% → 1万円

Web広告ではいかにクリック数を増やし、クリック単価を下げ、コンバージョン率を高められるかが求められます。目的や評価指標を基準に、Web広告手法や運用方針を決定してください。

では、メディアでWeb広告を活用する場合はどうでしょうか。
多くのメディアはその場で問い合わせ、コンバージョンしてもらうことを目的としていません。

価値(情報)を提供し、潜在的な見込み顧客との関係構築を行い、課題が明確化されたときに、自社のサービスを選んでもらう。多くのオウンドメディアにはこうした役割があります。

つまり、メディアのWeb広告が目指すものはコンバージョンではありません。

何を目指すのかはメディアによって様々です。立ち上げ初期であれば、とにかくアクセス数を増やすことが重要でしょうし、アクセス数は多くてもリピート率が低いという課題があるかもしれません。
メディアにより目的が異なるため一概には言えませんが、一般的なメディアがWeb広告で目指す4つの指標を紹介します。

1.アクセス数(クリック数)の最大化
立ち上げ初期では特に「とにかくメディアの存在を知ってもらう」ことが重要です。

2.ページ滞在時間、ページビュー数の増加
広告からアクセスした記事を熟読してもらうことはもちろん、メディア内の全コンテンツに対するファン獲得を目指してください。

3.リピート率の改善
見込み顧客との関係を築き、深めていくには質の高い情報を届け続けることが重要です。

4.アクション数の最大化
最終的な目標は問い合わせや購入かもしれませんが、メディアではその前段階のアクションを重視する場合もあります。例えば、無料PDF資料のダウンロード、SNSシェア、保存、コメントなどです。

メディアで広告を活用する際はこの4つのどれか、もしくは複数を目指します。Web広告の手法を検討する前に「一体何のためにWeb広告を使うのか?」を考えてみてください。

▶ Grabで続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]