【事例あり】金融業界のYouTube動画広告活用6選

今回は、金融業界のWeb広告の中でも、YouTube動画広告に焦点を当ててご紹介します。 メリットや事例もご紹介いたしますので、ぜひ自社の動画広告にご活用いただければ幸いです。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
【事例あり】金融業界のYouTube動画広告活用6選

動画コンテンツをビジネスに活用することが一般化しています。しかし、これまで対面接客をメインに行っていた銀行などの金融機関と、動画コンテンツの結びつきは薄いと感じる方もいることでしょう。

とはいえ、銀行もビジネスです。より多くのお客様に大切な資産を預けていただきたい気持ちや、ネットを活用したサービスを多数扱っているため、動画コンテンツを活用する効果は大いにあります。

eMarketerレポート

こちらは2017年アメリカの金融業界、Web広告の予算推移データです。2017年から4年間で予算が増加していることから、金融業界のデジタルシフトが考えられます。

今回は、金融業界のWeb広告の中でも、YouTube動画広告に焦点を当ててご紹介します。

メリットや事例もご紹介いたしますので、ぜひ自社の動画広告にご活用いただければ幸いです。

▶ Grabで続きを読む

金融業界が動画広告に取り組む理由

以前から金融業界は多額の広告投資を行ってきました。

2005年、金融業界は国内の業種別広告費ランキングで2位につけていましたが、2010年には7位まで下落しました。理由は、2008年のリーマン・ショックにより、業界が大きなダメージを受けたことにあります。対面型のサービス形態が主流で、デジタル化が遅れたことも原因のひとつだと推測されます。

(出典:2020年 日本の広告費|業種別広告費 )
(出典:2015年 日本の広告費|業種別広告費 )

また金融商品はサービス内容が難しく、ウェブの説明だけではわかりにくい点も多かったと考えられます。

しかしここ最近になって、アメリカでは金融業界の動画広告が増えています。動画広告では、人の動きや言葉、アニメーションなどを用いて難しい内容をわかりやすく説明することができます。

動画広告は理解を促すと同時に、ブランディングに効果的な特徴もあります。多くの場合、金融サービスには悪い印象がつきまといます。カードローンと聞いて、良い印象はあまり受けないでしょう。人によっては投資やFXという言葉も同じように映ります。

そうした金融サービスでは、芸能人や芸人を起用した動画広告を利用することで、安心感や信頼性、親しみやすさといったブランディングを築き、マイナスイメージを払拭しています。

▶ Grabで続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]