いまさら聞けない「ブランディング」|なにからはじめればいいの?

最近いろんなところで「ブランディング」というワードを耳にするようになりました。ブランディングとは企業、並びに商品やサービスとしてのブランドを世の中に知ってもらえるように、イメージを高めていくことです。知名度・認知度も大切ですが、顧客満足度や信頼・共感にまで焦点を当てて、取り組んでいく施策をブランディングと言います。今回Grabでは「ブランディング」についてしっかりと掘り下げていきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

よく聞く「ブランディング」という言葉について

マーケティングに少しでも関わりがある人なら、「ブランディング」というワードを耳にしたことはあるでしょう。最も簡単な言葉で説明するのなら「ブランド」を形作るために行う、さまざまなアクションと言えます。

もう少し詳しくお伝えするのなら、1つのブランドが「世の中の人に同じイメージを持ってもらうこと」「目には見えない価値を生み出すこと」を目的として、アクションを起こすことです。

皆さんがよく目にするキャッチコピー・ロゴ・テーマカラー・テーマソングなどもブランディング手法の一つです。

続きは「Grab」でお読みくださいませ。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]