LINE公式アカウント集客解説!店舗・飲食店・個人でも使える機能・メリット・注意点

「LINE@がLINE公式アカウントになって何が変わったの?」 「LINE公式アカウント集客って何から始めればいいの?」 「いつもメッセージ配信だけでマンネリなんだけどいい集客アイデアない?」 「1カ月でLINE友だちを爆増させる方法は?」LINE公式アカウントとは何か、集客に使用するための費用、メリット・デメリット、効果的に使って集客につなげる方法を説明する記事です。

「LINE@がLINE公式アカウントになって何が変わったの?」
「LINE公式アカウント集客って何から始めればいいの?」
「いつもメッセージ配信だけでマンネリなんだけどいい集客アイデアない?」
「1カ月でLINE友だちを爆増させる方法は?」

日本人の6割以上が利用すると言われるLINE公式アカウントを利用して、集客につなげる企業やお店が急増中です。

しかし、上記のような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

LINE公式アカウントの運営には色々とコツがあるものの、リーチ力をじょうずに使えばユーザーにうざがられることなく情報を発信できる宣伝手段です。

飲食店でも、店舗でも、個人でもLINE公式アカウント集客で、ほぼ0コストで新規の集客を獲得して、リピート率の向上、顧客のファン化を簡単に実現しましょう。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンでは、LINE公式アカウントをフルに活用した広告・集客戦略を弊社会員にシェアしております。

今回は、LINE公式アカウントとは何か、集客に使用するための費用、メリット・デメリット、効果的に使って集客につなげる方法を説明する記事です。

はじめに…週4時間で売上2,000万円の新規事業はじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

Web広告代理店事業を立ち上げたい方のご相談はこちら

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

1. LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、 企業や店舗がLINE公式アカウントを作り、友だちとして登録されたユーザーに 情報を届けることができるサービスです。

日本人の6割以上が利用しているLINEを利用して、売りたい商品やサービスへの関心が高い見込み顧客を直接取り込めます。

LINEは2019年9月時点で、日本国内だけで8,200万人を超えるユーザー数を誇っています。

またユーザー全体のうち、 85%程度が毎日LINEを開いているというデータもあります。

これだけコミュニケーションツールとして一般化しているLINE を、ビジネスに活用しない手はない、ということで用意されたのがLINE@とLINE公式アカウントでした。

(1)2018年の大改革!LINE@とLINE公式アカウントの一本化

もともとはLINE@が中小企業向け、LINE公式アカウントが大企業向けのサービスでした。

LINE@が無料で使用できるのに対し、LINE公式アカウントは初期費用が最低800万円、最低月額250万円と高額設定だったからです。

また、LINE@は、LINE公式アカウントと比較すると使える機能が絞られており、正直使うメリットが分かりにくい状態でした。

しかし2018年にLINE@とLINE公式アカウントは統合され、今はLINE公式アカウントで一本化されています。

ほとんどの機能がエントリープランを含むすべてのプランに開放され、さらにかつてのLINE公式アカウントからは考えられないほどリーズナブルな料金プランに変更されました。

今では37万を超える企業や店舗がLINE公式アカウントを活用し、友だちとして登録されたユーザーに向けてさまざまな情報を伝えています。

(2)LINE公式アカウントの種類と料金プラン

LINE公式アカウントは基本的に、無料でスタート・利用することができます。

アカウントを開設した直後はすべ てのアカウントが「フリープラン」になっており、1カ月に1,000通までのメッセージを無料で送ることができます。

運用していく中で友だちが増えて、1,000通以上のメッセージを送る必要が出てきたら有料プランに切り替えられます 。

LINE公式アカウントの有料プランについて詳しくはこちらにまとめています。

2.LINE公式アカウントで使うべき14個の機能

LINE公式アカウントでは、以下の ような中小企業や個人事業主におすすめの14個のサービスがあります 。

  1. メッセージ配信
  2. セグメントメッセージ
  3. リッチメッセージ
  4. タイムライン投稿
  5. リッチビデオメッセージ
  6. リッチメニュー
  7. 自動応答・キーワード応答機能
  8. LINEチャット
  9. シンプルQ&A
  10. アカウントページ
  11. レポート・分析機能
  12. ショップカード
  13. クーポン
  14. プレミアムID

メッセージ配信以外にも、アカウントページでのサービス紹介や、友だち登録をしてくれたユーザーとのチャット機能、タイムラインの有効活用などでユーザーのエンゲージメントを高めることができます。

それぞれの機能を説明していきます。

(1)メッセージ配信

メッセージの配信

友だち追加してくれたユーザーに対してメッセージを配信する…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

3.LINE公式アカウントの費用体系は個人でも使いやすい

LINE公式アカウント集客の、各プランの費用は以下のようになっています。

 フリープランライトプランスタンダードプラン
月額固定無料5,000円15,000円
無料メッセージ通数1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料金不可5円~3円

今までのLINE@ではプランによって使えるサービスに制限がありました。

LINE@と統合されてからのLINE公式アカウントはリーズナブルで、フリープランでも無料メッセージを月に1,000通までは完全無料で利用できます。

フリープランでも、メッセージ送信、1:1トーク、ショップカード、クーポン機能も利用可能です。

例えば、週に1回プッシュメッセージを送るなら、友だち登録数は250人で月4回メッセージを送る規模となります。

最初はフリープランで契約して、メッセージを送る数が増えてきたら、有料のライトプランやスタンダードプランに変更する、ということも可能です。

スタンダードプランでは、メッセージの送信数が多くなるほど1通当たりの単価は低くなります。

なお、各プランの詳細、注意点、支払い方法については以下の記事で説明しています。

LINE公式アカウントの料金プラン3種全解説!費用は請求書払い可能?

課金対象外のメッセージの種類

課金の対象になるサービスは、主に「一斉送信」に関するものが対象で、課金の対象にならないサービスもありますので、以下を参考にしてください。

一斉配信時は、最大3つの吹き出しまで1配信としてカウントされます。

ですから、テキストとスタンプを分けて送るのではなく、1配信にまとめて送ると通数が抑えられておすすめです。

#1.課金対象となるサービス

  • メッセージ配信(セグメント配信含む)
  • Messaging APIの「Push API」

#2.課金対象にならないサービス

  • チャット機能(1:1トーク)
  • 自動応答メッセージ
  • キーワード応答メッセージ
  • 友だち追加時のあいさつ
  • Messaging APIの「Reply API」

4.集客におけるLINE公式アカウントのメリットとデメリット

LINE公式アカウントでの集客は、他の集客方法と同様にメリットとデメリットがあります。

LINE公式アカウントを集客に活用するメリットは以下の4つです。

  1. ユーザー数が多い
  2. 直接メッセージを送るので集客効果が高い
  3. メッセージを見ないと未読メッセージが残る
  4. タイムラインで登録ユーザー以外にも見てもらえる

LINE公式アカウントはSNSと性質が異なる分、以下のようなデメリットもあります。

  1. 拡散スピードがメジャーSNSと比較すると遅い
  2. 友達を解除される可能性が高い

それぞれのメリット・デメリットの点を以下から説明します。

メリット1.ユーザー数が多い

LINEは、 Facebook、Twitter、InstagramなどのSNS…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

デメリット1.拡散スピードがメジャーSNSと比較すると遅い

LINE公式アカウントは、TwitterなどのSNSに比べると…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

5.LINE公式アカウント集客の始め方

LINE公式アカウントを新規で始めるには、こちらの公式ページにアクセスします。

通常のLINEアカウントを事前に取得しておくことが必要です。

ページ内の指示に従って操作を進めると、LINE公式アカウントが作成できます。

もし、すでにLINE@を取得していて、LINE公式アカウントに移行する場合は、こちらの公式ページを参照してください。

LINE公式アカウントのアカウントの種類と必要な設定について以下で説明します。

なお、各ステップを画面付きで説明した詳細記事を以下に掲載していますのでご覧ください。

【無料】LINE公式アカウントの作り方・必須の基本設定・公開まで画面付き全解説

 

(1)アカウント種別について

出典元https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190726/

LINE公式アカウントには、上記の公式説明のように、認証済アカウントと未認証アカウントがあります。

2種類のアカウントで基本的な機能は変わりませんし、無料プランを含めて価格も変わりません。

認証済アカウントは、LINE事務局の審査を通過することで取得できるアカウントです。

青色のアカウントバッジが付与され、LINEアプリ内での各種検索結果に表示されるので、集客効果が高まります。

また、店舗などで展示するオフィシャルの販促用ポスターなどを手に入れることができるので、認証済アカウントの開設がおすすめです。

審査は通常10営業日程度かかります。

利用中の未認証アカウントを認証済アカウントに移行する場合は、LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGERから変更を申請可能です。

(2)LINE公式アカウントに必要な設定

出典元 https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190418-3/

アカウントを作成した後は、LINE公式アカウントの管理画面であるLINE Official Account Manager(上記画面サンプル)で必要な設定を行います。

LINE公式アカウントには下記の初期設定が必要です。

  • アカウント名
  • ステータスメッセージ
  • プロフィール画像
  • 背景画像
  • あいさつメッセージ(ユーザーが友だち追加してくれた際に自動的に送られるメッセージ)
  • 応答メッセージ(ユーザーがメッセージを送った際に自動で送られるメッセージ)

6.LINE公式アカウントで効果的に集客する方法

LINE公式アカウントで集客するために必要なことは以下です。

  1. 友達を増やす
  2. ユーザーにメリットのあるメッセージを送る
  3. クーポン、抽選機能を利用する

それぞれ説明します。

なお、LINE公式アカウントを活用した集客の事例については以下の記事で紹介しています。

LINE公式アカウントの主要7機能は?集客への活用事例は?

 

友達を増やす

LINEを使った集客は、まず友達を獲得…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

7.LINE公式アカウントの集客効果を検証する

LINE公式アカウントからの集客効果は管理画面であるLINE Official Account Manager で分析可能です。

集客のために、LINE公式アカウントを含めて複数の施策を取り入れた場合、どの施策がどれだけ集客につながったのかよくわからないことがあるかもしれません。

LINE Official Account Managerでは、例えば、日々の友だち追加数やブロックされた数を確認することができます。

またメッセージの配信数やクリック数が確認できます。

タイムラインについても、投稿のインプレッション数やクリック数、いいねの数が確認できます。

メッセージやタイムラインで配信されたもののクリック数やいいねの数などの反応が良くない場合は、メッセージであれば冒頭文(多くのユーザーがプレビューで閲覧する部分)のインパクトが弱いのかもしれません。

タイムラインであれば、投稿時間の調整が効果的な場合もあります。

または、友達の層と、狙っている顧客層にずれがあるのかもしれません。

LINE Official Account Managerでは、発行したクーポンごとの開封者数や使用者数も確認できますので、集客のためにクーポン戦略を取った場合の成果も確認可能です。

ほとんどの統計値で、表示期間の指定とCSV形式のファイルダウンロードが可能なので、季節ごと、イベント前後、新サービス発表前後の推移などを細かく分析できます。

まとめ

LINE公式アカウントは、見込み顧客に個人的にメッセージを送れるので、ダイレクトに集客につなげやすいツールです。

その分拡散スピードに弱みがあるので、他のSNSとの組み合わせが重要になります。

LINE公式アカウントはすぐに始めることが可能ですが、もっとも集客に効果的な運用を行うこと、継続的にメッセージを送ることなどは時間も労力も必要です。

コストパフォーマンスを考えると、SNSマーケティングのノウハウが豊富な専門の事業者に運用を代行してもらうか、セミナーやオンラインレッスンに参加することが好ましいでしょう。

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]