Twitter広告の出し方設定手順をデジマチェーンが全解決!初心者でもターゲティング機能を使いこなせる

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、Twitter広告の出し方について設定手順と注意点について詳しく説明します。 この記事で設定手順を理解し、Twitter広告の入稿をスムーズに進めることで売上アップを目指してください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

「Twitter広告の出し方がよくわからない」
「Twitter広告に興味あるけど設定が難しそう」

Twitter広告には様々な機能があるため、一見すると難しく感じるかもしれません。

しかし、ポイントをおさえてしまえばTwitter広告の出し方は決して難しいことはありません!

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、Twitter広告の出し方について設定手順と注意点について詳しく説明します。

この記事で設定手順を理解し、Twitter広告の入稿をスムーズに進めることで売上アップを目指してください!

広告費を使わないアカウント運用によるTwitter集客については、以下の記事をご覧ください。

Twitter集客で失敗しない!すぐ実行可能な9つのコツ決定版完全解説

はじめに…週4時間で売上2,000万円の新規事業はじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

Web広告代理店事業を立ち上げたい方のご相談はこちら 

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

1.Twitter広告とは

Twitter広告とは、短文テキストが中心のSNSであるTwitterに出稿できる広告のことです。

アクティブユーザーが4500万人を超え、大きな影響力を持つメディアに出稿できる広告としてTwitter広告はインターネット広告の中でも特に人気があります。

幅広いリーチだけでなく、配信できるクリエイティブの種類やターゲティング機能も充実しています。

最近は、多くの中小企業がTwitter広告で売上アップやコンバージョン獲得に成功し...

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

2.Twitterに出稿できる3種類の広告

Twitterに出稿できる広告の形態としては、大きく分けて次の3種類があります。

  1. プロモツイート
  2. プロモアカウント
  3. プロモトレンド

どの種類もTwitterの表示項目の一部として扱われているため、ユーザーに対して違和感なく自然にアプローチできるようになっています。

それぞれどのような特徴があるか、ひとつずつ解説し…

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

3.Twitter広告の費用

Twitter広告は主に従量課金制であるため、実際の広告配信量や発生したアクションに応じて費用が発生します。

広告予算は自由に設定できるため、目標とする成果単価から逆算して算出するのが一般的です。

例えば、1人あたり50円のコストで月間5,000人をサイト誘導したいとなった場合、単純計算すると予算は250,000円となります。

もちろんKPI(指標)によって予算は様々ですが、相場としては最低でも月間30,000円以上に設定しましょう。

Twitter広告を効果改善しながら運用するにあたって、1日あたり1,000円以上の配信データが必要といわれています。

そのため、月間予算が30,000円を下回るようであれば、運用改善に十分な配信データが得られなくなってしまいます。

Twitter広告の費用面に関する詳細、コスパを上げるコツを知りたい場合は、次の記事をチェックしてみてください。

Twitter広告に必要な費用と運用効果をあげる5つのコツ

4.Twitter広告の入稿方法手順4ステップ

Twitter広告の出し方として、配信までの設定手順に大きく分けて以下4つのステップがあります。

  1. Twitterアカウント取得
  2. 初期設定
  3. キャンペーンの作成
  4. 広告グループの作成

それぞれ目的が異なるため、初期設定や配信開始後の調整などにおいて対応する頻度も異なります。

各ステップごとに詳しく解説するので、ひとひとつしっかり理解しましょう。

すでにTwitterアカウントを発行している場合は、ログインした状態でこちらにアクセスするとTwitter広告の設定ができます。

(1)Twitterアカウント取得

Twitter広告を出稿するためには、Twitterアカウントが必須です。

ただし、すべてのアカウントが利用できるわけではなく、所定の審査をクリアしなけ…

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

5.広告入稿時に起こしやすいトラブル3点解決法

ここまで説明したように、Twitter広告の設定項目は多岐にわたりますがひとつひとつの内容はシンプルなので、それほど難しいものではありません。

しかし、設定にはトラブルが起こりやすく、うっかり意図しない配信を行ってしまうリスクもあります。

広告配信事故を起こさないためにも、入稿時に起こしやすいトラブル例3つについて解説します。

  1. 数値の入力ミス
  2. ターゲティングの設定不備
  3. 設定内容が煩雑化

自分自身のミスによって広告費を無駄遣いしないためにも各ポイントについて注意しながら進めましょう。

クリエイティブがアップされない、配信されないなどの技術的トラブルの解決法については以下の記事でまとめています。

【トラブル解決】Twitter広告でクリエイティブが表示されない?配信されない?タグってなに?

(1)数値の入力ミス

Twitter広告の配信設定において、最も不備の多いポイントが数字に関する設定です。

例えば1日予算を1,000円で設定するのを誤って10,000円で設定してしまうと、7日間配信しただけで想定よりも63,000円もコストを余分に消化してし…

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

6.Twitter広告ターゲティング9種類

Twitter広告には、大きく分けて9種類のターゲティング機能を利用することができます。

これらのターゲティングを単体または掛け合わせて配信することで、ターゲットを絞って広告が配信できるようになります。

  1. 言語ターゲティング
  2. 性別ターゲティング
  3. インタレストターゲティング
  4. フォロワーターゲティング
  5. 端末ターゲティング
  6. 行動ターゲティング
  7. テイラードオーディエンスターゲティング
  8. キーワードターゲティング
  9. 地域ターゲティング

それぞれ詳しく解説します。

言語ターゲティングで使用言語別にアプローチ

言語ターゲティングとは、特定の言語を利用しているユーザーに絞って配信するターゲティングです。

このユーザーが利用している言語は、プロフィール設定やTwitter上にてやりとりしている言語など、様々な情報から総合的に判断さ…

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

7.Twitter広告の効果を上げる7つのコツ

Twitterでターゲティングを効果的に使うための7つのコツについて紹介します。

  1. ターゲティングは複数利用する
  2. オーディエンスリストは積極的に貯める
  3. ターゲティング毎に広告グループを分ける
  4. ツイートは複数用意する
  5. クリエイティブを頻繁に更新する
  6. 共感・共有されやすいツイートを作成する
  7. 配信結果は毎日確認する

それぞれのポイントについて説明します。

(1)ターゲティングは複数利用する

広告配信に設定するターゲティングはなるべく複数利用しましょう。

なぜなら、様々な角度からターゲティングを行ったほうが、単一のターゲティングよりも効果が上がりやすいからです。

実際に配信を開始してみると、思わぬところでコンバージョンがあがることはよく...

>>>>解説の続きを含む元記事はこちらをご覧ください。<<<<

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]