Twitterの広告サービス「プロモ商品」に興味・関心に応じたインタレストターゲティング機能追加

25のジャンルと350以上のカテゴリからターゲットを絞り込んで広告配信できる
よろしければこちらもご覧ください

Twitter社は8月31日、同社広告サービス(プロモ商品)の「プロモアカウント」と「プロモツイート」に、特定のトピックに関心を持つユーザーにツイートを伝えられる「インタレストターゲティング」機能を追加したと発表した。

プロモアカウントとプロモツイートは、広告主のアカウントをフォローするユーザーと、そのフォロワーと似た関心を持つユーザーに対して、アカウントやツイートを告知できるサービス。それぞれ、Twitterのおすすめユーザー画面、検索結果やタイムラインに表示される。今回発表されたインタレストターゲティングは、興味を中心に伝えるユーザーを考えることで、フォロワーにこだわらず、より多くのユーザーにメッセージを伝えられるようになる。また変更にともない、プロモアカウントとプロモツイートの最低入札単価は1円に下げられた。

ターゲットは、25のジャンルと350以上のカテゴリから選択する。さらにトピックを絞り込む場合は、自社の関連性の高いTwitterのユーザー名(@username)を指定することで、そのユーザーの興味に近いユーザーをターゲットにできるという。

ターゲットは25のジャンルと350以上のカテゴリから選択。

プロモ商品
https://business.twitter.com/ja/advertise/start/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]