広告運用マネージャーが陥りがちな課題。キーワードマーケティングで実践している4つの取り組み

代表の滝井が、広告運用マネージャーが陥りがちな課題と解決策を解説しました。課題の背景を考え、明日からでも実践できる取り組みを、弊社で上手くいった例を基に説明します。広告運用や Web マーケティングを組織的に発展させようとすると、マネジメントの課題はつきものです。多くのマネージャーが楽しみながら成長できる職場環境づくりの参考にしていただければ幸いです。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

滝井です。

広告運用や Web マーケティングを組織的に発展させようとすると、マネジメントの課題がでてくるかと思います。多くの場合、マネージャーはプレイングマネージャーとして業務をこなしつつ、部下のサポートをするので、常にリソース不足に悩まされるのではないでしょうか。

弊社でも社員数が増え、それに伴いマネジメントに携わるメンバーも増え、このような問題は当然起きています。

そこで今回は、この問題が起こる背景と、明日からでも実践できる取り組みを弊社で上手くいった例を基に解説していきたいと思います。

広告運用や Web マーケティングにおけるマネジメントが難しい3つの理由

広告運用はもちろん、SEO や SNS マーケティング、Web 制作なども同じだと思いますが、Web マーケティング業界のマネージャーはとても困難な状況に置かれています。

一般的に他の業界と大きく異なるのが変化のスピードが早すぎる点です。これが起点となって以下の3つの理由でマネジメントの難易度が上がっていると言えます。

  1. 最新情報を把握しておくためにプレイングマネージャーにならざるを得ない
  2. 自分の案件と部下のサポートのバランスを取るのが難しい
  3. 優秀な人がマネージャーになるので、常時リソース不足

まずは問題の起こる背景となっている3つの理由を説明していきます。

記事の続きはこちら

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]