考えるべき順番が分かる!コピーライティングフレームワーク

プロのコピーライターから聞いたそのノウハウを1枚のフレームワークに
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

このフレームワークは、実際にコピーを考えるコピーライターの思考を盛り込みながら自社のマーケティングコミュニケーション戦略までを整理するのに役立つとものとなっております。

社内でコピーを考えなくてはいけない担当者様、コピーを発注し、チェックしなければいけない担当者様、そして、コピーライティングを学ぼうとされている方にご活用いただければ幸いです。

【資料のダウンロードはこちらから】

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]