【テンプレート付き】顧客別成果を出す営業メールの基本とは?

営業の際に送るメールにおいて、どのようなポイントに気をつけて書けばいいのか、具体的にどんな内容がいいかテンプレートを用いてご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

様々なビジネスシーンで使うメールですが、「どう書けばいいのだろう?」と悩んだり、「この内容であっているのだろうか?」と不安になったりすることがあるかと思います。 本記事では、営業の際に送るメールにおいて、どのようなポイントに気をつけて書けばいいのか、具体的にどんな内容がいいかテンプレートを用いてご紹介していきます。

1.営業メールとは?
1-1.営業メールのメリット・デメリット
1-2.顧客別営業メールの種類
2..成果を出すメールの基本
2-1.営業メールで成果を出す上で大事な3つのポイント
2-2.【新規顧客向け/新規商談獲得メール】
2-3.【新規顧客向け/製品デモ・サンプル獲得メール】
2-4.【新規顧客向け/停滞・失注顧客掘り起こしメール】
2-5.【既存顧客向け/新サービスの紹介メール】

詳細は以下からご確認いただけます。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]