営業メールは送り続けないと意味がない!?メールで商談を増やすためのポイント3選!

連載企画第二弾!今回のテーマは「メール営業」。弊社配配メール事業部のインサイドセールスチームで行っているメール施策をご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

イターのまこりーぬ(@makosaito214)による、連載企画「まこりーぬが行く!メールマーケティングの現場に潜入取材!」の第二弾を公開。
今回のテーマは「メール営業」。
弊社配配メール事業部のインサイドセールスチームで行っているメール営業施策について、紹介しています!

1.1回のメール配信で数十件のホットな見込み客を獲得!
2.1回のメール配信でアポ7件+受注1件獲得!?
3.「営業メールは送り続けなければ意味がない」理由とは
4.メール営業はテレアポの課題を解決する救世主
5.失注客こそ、メールでフォローしよう
6.売上に直結するサービスを目指して

詳細は以下からご確認いただけます。

 

用語集
メルマガ / メール / メールマーケティング / メール営業 / メール配信 / 営業 / 失敗事例 / 成功事例 / 配配メール
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]