成果につながる営業メールの件名の鉄則とは?!

本記事では、営業メールの件名において、どのようなポイントに気をつけて書けばいいのか、具体的にどのような内容がいいのかをご紹介していきます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

お客様とのやり取りや大事な書類の送付など様々なビジネスシーンで使うメール。そんなメールのなかでも、アポイント獲得や受注獲得などを目的として、商品紹介や資料送付などをメールでご案内することを「営業メール」と言います。皆さんも営業メールを受け取ったり、送ったりするのではないでしょうか。多くのビジネスパーソンが一日に何十通ものメールを受信します。その中でもしっかりと相手に読んでもらうには、「件名」がカギになります。

本記事では、営業メールの件名において、どのようなポイントに気をつけて書けばいいのか、具体的にどのような内容がいいのかをご紹介していきます。

1.営業メールは開封してもらえないと意味がない
2.開封をしてもらうために重要なポイント
3.絶対外してはいけない件名作成の鉄則3選
4.訴求別のメール件名のキーワード例

詳細は以下からご確認いただけます。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]