コロナ禍のデジタル推進を受けて動画需要が拡大! Web動画を制作する前におさえておきたい3つのポイント。

会社や製品・サービスを知ってもらうために動画制作をお考えの方に。 多くの動画を制作してきた経験から、動画制作・活用で失敗しない3つのポイントを ご紹介いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

>>>>“3つのポイント”全文はこちらから

コロナ禍で訪問営業や展示会・イベントが制限され、次の一手としてデジタル推進に力を入れている企業も多いようです。その一つとして自社PRや営業活動などに動画を活用するケースが増えています。とはいえ、「具体的にどんな動画を作るべきか」「いくらかかるのか」「外注するのにどこに相談したらよいのか」などなど慣れていなければわからないこと、不安なことが多いはずです。

そんな方に、少しでも動画制作・活用のハードルを下げられるよう、また失敗しないよう、事前に知っておいていただきたいポイントをまとめました。

Web動画としてHPやSNSなどで活用されている動画の実例も合わせてご紹介いたします。制作の際に参考にしていただければ幸いです。

もう一つ、訴求力のある動画を制作する上で必要な撮影やインタビュー、ナレーションなど一式をパッケージとしてご提供することにいたしました。

この機会に、資料をご確認のうえお問合せください。
>>>>「Web動画事例」と「動画パッケージプラン」をみる

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]