OMOとは?国内・海外での事例や成功のポイントを解説

OMOとは人やモノ、空間といったオフラインの対象をオンラインに結びつける考え方です。本記事ではOMOの成功に欠かせない顧客目線でのサービス設計・UX思考や各チャネルのデータの統合、最適な決済システムとはどのようなものかを解説しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

omo_main.png

OMOは「オフラインとオンラインの融合」

omo_01.png

OMOとは「Online Merges with Offline」の略語で、「オフラインとオンラインの融合」を意味します。つまり、人やモノ、空間といったオフラインの対象をオンラインに結びつける考え方や、あるいはビジネス上の戦略を指す用語がOMOです。

「OMO」という用語は、元GoogleチャイナのCEOで、ベンチャーキャピタルのシノベーション・ベンチャーズ創業者である李開復(リー・カイフー)氏が、2017年11月のエコノミスト誌『The World in 2018(2018世界はこうなる)』で初めて使用したとされています。

李開復氏は、車による渋滞問題が深刻であった北京において、彼自身が出資したスマート自転車シェアリングサービス「Mobike」がわずか1年足らずで1日2,500万回も利用されるまでに成長したことを引き合いに出し、「私はこの未来的だが差し迫った世界を『OMO』(オンラインとオフラインの融合)と呼んでいる」と表現しました。

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]