Google Merchant Centerとは?開設方法やショッピング広告、無料リスティングに掲載する際の注意点

今回は、Google Merchant Center について解説しました。Google ショッピング広告や無料リスティングを使用する際には必要不可欠なものになります!Google ショッピングタブを利用するにあたって、商品情報の登録、審査や管理、掲載結果の確認などをおこなうことができます。動的リマーケティングへの掲載の際にも活用いただけますので、自社サービスと照らしあわせて参考にしてみて下さい!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

EC サイト市場は年々伸び続け、私たちの生活にネットショッピングは欠かせない、当たり前のものになっています。そんな中で EC サイトをサポートするさまざまなツールが出てきています。

EC サイトを簡単につくれるカートシステムやサイト作成システムはもちろん、Instagram 上で購入までおこなうことができる「Instagram ショッピング機能」や、検索したユーザーに対して商品情報を広告として配信することができる Google のショッピング広告もこれにあたります。

そんな中で 2020 年リリースされた Google の無料リスティングは、これまで広告枠のみだった Google ショッピングタブの無料で使える枠です。これによって売上が改善したという EC サイトも多い一方で、準備に手間がかかるのでまだ始められていないサイトもあるのではないでしょうか。

今回は Google ショッピング広告や無料リスティングを使用する際に不可欠な Google Merchant Center についてご紹介していきます。

Google Merchant Center(グーグルマーチャントセンター)とは

Google Merchant Center とは、Google ショッピングタブを管理するものです。Google ショッピングタブを利用するにあたって、商品情報の登録、審査や管理、送料など EC サイトの基本情報の登録、掲載結果の確認などをおこなうことができます。

Google Merchant Center の活用でできる3つのこと

ここからは Google Merchant Center に商品情報を登録することでできることを3つ紹介していきます。

  1. ショッピング広告への掲載
  2. 動的リマーケティングへの掲載
  3. 無料リスティングへの掲載

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]