Web広告の適切な年間予算配分は?広告運用のプロが考え方を丁寧に解説

今回の記事では、効率よく成果をだすためのWeb広告の年間予算配分について、わかりやすく解説しました!年間予算の配分や媒体別の配分、配信方法別の配分の3つに分けて順に説明します。「2021年最新版・運用型広告のファネル図」は、自社のフェーズにあわせてお役立ていただけること間違いなしです。広告の予算配分を工夫するだけでも違った結果になりますので、予算配分で悩んだ際にはぜひ参考にしてみてください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2019年の日本の広告費でついにインターネット広告費がテレビメディア広告費を超え、2020年の日本の広告費ではマスコミ四媒体の広告に並びました。

参考:2019年 日本の広告費|dentsu
参考:2020年 日本の広告費|dentsu

弊社のお客様でも年々広告費を増やしていただく方も多く、新規のお客様からの「もっと広告費をかけて売り上げをあげたい」といったお問い合わせも増えています。

 

ただ、せっかく予算をかけるのであればなるべく効率よく成果を出したいですよね。成果をあげる方法はさまざまですが、広告の予算配分を工夫するだけでも違った結果になります。

年間予算配分は均等でいいのか、季節商材はいつから配信を強めたらいいのかなどで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

年間予算の配分媒体別の配分配信方法別の配分の3つに分けて順に説明します。

なお、ここではすでに予算が決まっている方向けに解説をしていきます。適切な予算の立て方についてはまた別の記事でご紹介したいと思います。

予算配分の考え方

まずは予算配分の考え方について、代表的な3つのケースに分けて解説していきます。

  1. 昨年までのデータで売上の偏りがわかるケース
  2. 年間目標が決まっているケース
  3. 季節に影響を受けるケース

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]