2022年の日本の総広告費、7兆円超で過去最高に。「インターネット広告費」はわずか3年で1兆円増加【電通調べ】

「インターネット広告費」の好調な成長に支えられ、2022年の総広告費は過去最高に。

電通は、「2022年 日本の広告費」を発表した。2022年(1~12月)の日本の総広告費と媒体別・業種別広告費を推定している。

2022年の日本の総広告費、7兆1,021億円で過去最高に

日本の総広告費の推移

2022年の総広告費は、通年で7兆1,021億円(前年比104.4%)となり、1947年に推定を開始して以降、過去最高となった。そのうちインターネット広告費は3兆912億円(前年比114.3%)となり、わずか3年で約1兆円増加している。

媒体別では「インターネット広告費」が全体の43.5%を占める

媒体別広告費(2020年~2022年)
  1. マスコミ四媒体広告費
    マスコミ四媒体広告費は2兆3,985億円(前年比97.7%)。「ラジオ」は増加したものの、「新聞」「雑誌」「テレビメディア」は減少した。
  2. インターネット広告費
    インターネット広告費は3兆912億円(前年比114.3%)と二桁成長に。総広告費における「インターネット広告費」の構成比は43.5%まで増加している。また、テレビ番組の見逃し配信やリアルタイム配信サービスなどの「インターネット動画配信」の広告費を推定範囲とする「テレビメディア関連動画広告費」は、350億円(前年比140.6%)と高い伸びを示した。
  3. プロモーションメディア広告費
    プロモーションメディア広告費は1兆6,124億円 (前年比98.3%)と微減も、社会・経済活動の緩やかな回復に伴い、「屋外広告」「交通広告」「折込広告」は前年を上回る結果となった。

調査概要

  • 【調査対象】日本国内に投下された2022年(1~12月)の広告費
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]