知っておきたい!SNSアカウントの使い分け|4種のSNSの使い分け

近年SNSは個人だけではなく、多くの企業が宣伝や顧客獲得のために日々運用しています。今回「Grab」では「SNSアカウントの使い分け」と題して、Twitter、Instagram、Facebook、LINEの4つのSNSを使い分けるポイントを紹介しています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

SNSは最近個人利用だけにとどまらず、ビジネスでの利用も一般的になっています。

SNSが社会全体に広く浸透しているため「低コストで広告宣伝ができる」「集客につながる」と思い、ビジネスアカウントを運用する企業が増えています。

主なSNSとしては「Facebook」「LINE」「Twitter」「Instagram」があげられます。この4種類はそれぞれ特徴があります。

今回「Grab」ではSNSアカウントをどのように使い分けるのか、ポイントについて紹介しています

今後SNSアカウントをビジネス利用したいとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

>> 「Grab」で続きを読む​

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]