これから求められる「BERT」を意識したSEO対策

WEB担当者の方は、これまで「SEO対策」に力を入れてきたと思います。しかしながら、その概念を少し変える必要が出てきました。なぜなら、小手先のSEOではなかなか通用しなくなってきている現状があるからです。最大の原因とされているのがGoogleが2019年10月に行った、検索アルゴリズムの大規模な「 BERT(バート)アップデート 」です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多くのWebに関わる方は「SEO対策」に力を入れているでしょう。ですが、最近ではGoogleアルゴリズムのアップデートで、テクニックだけのSEO対策は通用しなくなっているからです。

最近では「BERT(バート)アップデート」が原因で大きな検索順位の変動がありました。

今回「Grab」ではこれから求められる「BERT」を意識したSEO対策について紹介していっます。

よかったら「Grab」をご覧くださいませ。

>> 「Grab」で続きを見る

テクニックだけのSEO対策はもう通用しない

もしご自身がテクニックを駆使したSEO対策を行っているのであれば、この機会にSEO対策について見直しましょう。

そのためには「BERT」アップデートの正体について知る必要があります。

今後は検索結果で上位表示されるためにはSEO対策の本質について理解していなければいけません。しっかりと学び活用していきましょう。

今後はSEO対策の本質をきちんと理解しているサイトが勝ち残っていく展開が予想されますので、しっかりと確認していきましょう。

>> 「Grab」で続きを見る

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]