SEOやオウンドメディアは自社で書くか外注アウトソースすべきか利点と欠点を解説

SEOメディアとオウンドメディアのコンテンツ生成を自社リソースで賄うか、外注アウトソーシングするか、それぞれの利点と欠点をまとめました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちわ。

Web収益化メディア bid.dev をやっています、りょすけです。

本日の記事では、SEOサイトや、オウンドメディアを運用するに当たり、

それぞれの媒体において、

  • 自社リソースで運営するか
  • 外注アウトソースで運営するか
  • プロの専門家に頼むか

一体どのような選択肢を選ぶのがベターなのかというのを、

ケースバイケースで見ていこうと思います。

この記事を読むことで、オウンドメディアやSEO運営の初心者の方に役に立つ記事になると思うので、

ぜひ最後までお付き合いください。

便利な目次

オウンドメディアの運営

自社リソースでコンテンツを作るメリット

オウンドメディアを自社のリソースを使ってコンテンツ作成するメリットとしましては、

なおかつ世界の需要に合ったコンテンツが何かを分かっていて、

オリジナリティ溢れるライティングの腕を持つライターが自社にいるということで、

コンテンツの質が、優秀なライターをリクルートして来なくても良いというものがあります。

特に、オウンドメディアの運営にはリファラルやダイレクトでブログに来てくれるファンの存在が欠かせません。

ですから、自社で優良コンテンツを作れるというのは、ファンを増加させる強い優位性になります。

自社リソースでコンテンツを作るデメリット

オウンドメディアのコンテンツを自社で生成するデメリットは、

ライターの育成に時間とコストがかかる可能性があり、

育てても果たしてメディアを成長させるレベルに育つかどうか疑問というものがあります。

世界の需要を取り込めて、尚且つオリジナリティのある文章を書けるライターは中々いません。

ですから、自社で作るコンテンツが原因で、メディア自体が伸びなかったり、

最悪、その原因もあまりわからないまま時間だけが経過する可能性もあります。

アウトソースでコンテンツを作るメリット

オウンドメディアをアウトソースで作るメリットは、

元々知名度があるライターや、文章力があり尚且つ世界の需要を取り込めるライターに、

記事の作成をお願いできるため、比較的自社のノウハウを育てなくてもPVやファンが集まりやすかったり、

良いライターをリクルートすること自体が、一種のノウハウになり得るということです。

しかし、良いライターがどんな文章を書く人なのかは、これはこれで的確な目利きが必要ということもあります。

アウトソースでコンテンツを作るデメリット

アウトソースでコンテンツを作るデメリットは、

時としてコストがたくさんかかってしまうというところがあります。

一般的に、オウンドメディアでは、SEOよりもファンを重視するため、

キーワードや網羅性を重視した量産記事よりも、オリジナリティ溢れる独自の記事を作ってもらう必要があると思うので、

専門的な知識を持つライターや、経験豊富なライターを雇うことになると思います。

そうなると、一個のコンテンツをお願いするにも数万円の執筆料を支払う必要もあるライターもいるため、

コストに耐えられる価値をメディア運営者が見いだせなければ、続かないでしょう。

専門家に頼むメリット

オウンドメディアを専門家に頼むメリットは、

手放しで放置しておくだけで、ある程度、月間のPVを稼げるメディアを、

ファンを獲得しながら獲得してくれるというメリットがあります。

オウンドメディアの専門家は、基本的には自社でオウンドメディアを成功させて、

月間で数十万PVのようなメディアを作ってきた会社だと思うので、

それぞれの会社で、色々なノウハウがあると思いますから、

間違った方向で努力して、時間を消耗する手間隙は避けられるでしょう。

専門家に頼むデメリット

オウンドメディアの専門家にコンテンツやメディア運営を丸投げすると、

下手したら半年で数百万の運用費がかかったりすることがあります。

オウンドメディアというのは、スプリンターではなく長期戦ですから、

めちゃくちゃ良いコンテンツを連発していても、多分一年半くらいは、

驚くほど何も起こらない可能性もあり、コストに見合ったリターンが全然ないと、

思う会社もたくさんあると思います。

ですから、オウンドメディアの運営をプロに任せる明確な理由みたいなものや、

将来、自分たちにどういう風にメディアが貢献しそうか、

全部わかった上で、先行投資のつもりでプロの専門会社にオウンドメディアの運営を任せるのは良いかなと思います。

SEOメディアの運営

自社リソースでコンテンツを作るメリット

SEOのメディアを自社リソースで作るメリットは、

まずはコストが全然かからないというメリットがあると思います。

オウンドメディアと違って、SEOメディアの場合は、比較的、量産的なコンテンツだとしても、

関連記事や内部リンクや外部リンクなどで、サイト構成を網羅すれば、

ライティングの能力がなくても、価値を生み出せると思っていますから、

自社の人材の余った時間を使ってもらって、一般的な知識をわかりやすく説明するに徹すると、

自社でも価値を生みやすいのかなと思ったりします。

自社リソースでコンテンツを作るデメリット

自社でSEOコンテンツを作るデメリットは、

過去にSEOメディアの構築経験がなければ、どのようにコンテンツを作っていけばいいかわからないかもしれません。

ですから、ありきたりな記事だけ量産してしまって、訪問ユーザーに適切に価値を届けられず、

熱量も落ちてしまって、そのまま辞めてしまうということもあるかもしれません。

ですから、SEOのメディアで価値を有無には、どういう記事を、どういうリンク構成で作っていけば良いのか、

こちらも結局全部わかった上でやらないとダメかなと思います。

アウトソースでコンテンツを作るメリット

SEOメディアのコンテンツをアウトソーシングするメリットは、

時間を節約して、安く網羅的なコンテンツをたくさん作れることだと思います。

オウンドメディアのライター外注よりも、一般的な知識をわかりやすくまとめたり説明できれば、

サイト全体の価値を向上できますから、ライターのレベルも下げやすく、単価も落とすことができます。

アウトソースでコンテンツを作るデメリット

しかしながら、こちらも、SEOメディアの攻略法を全く知らないまま、

なんとなく記事を思いつきでお願いし続けると、

将来、このメディアがどのように付加価値を生み出すのかよくわからなくなり、

挫折する可能性もあるので、SEOメディアの目的やゴールを理解するのが大切ですね。

専門家に頼むメリット

SEOメディアを専門家に頼むメリットは、

まず、オウンドメディアを丸投げするよりかは、かなり安くコンサルをお願いできると思います。

なぜなら、やるべきことはバズを生み出すコンテンツをクリエイトすることではなく、

検索キーワードや、一貫したユーザー属性に、網羅的な教科書的な知識を、

わかりやすい文章と、リンク構成で網羅的に届けすれば良いからです。

ですから、最初にもしSEOのことがよくわからなければ、

やり方などをコンサルしてもらって、遠いゴールも見据えることができたら、

アウトソースで外注さんはライターを使うっていうのでも良いかもしれません。

専門家に頼むデメリット

SEOメディアの専門家に頼むデメリットとしては、

たまに、全体的なサイト構成とか、方向性を教えてくれるわけではなく、

テクニック的な外部リンクや、内部リンクや、キーワードだけしか教えてくれない、

SEOの専門家の方もいて、千差万別でSEO業者のクオリティが変わってしまうというのがあると思います。

正直、オウンドメディアの運営では、『バズを生み出せる記事を書けますか?』と聞けば、

『はいできます』と答えられるライターなり業者は少ないと思うのですが、

『特定のキーワードで上に行けますか?』くらいの質問であれば、キーワードによってはいくらでも可能なので、

誰でも、SEOの専門家になれてしまいます。

まとめ

では、今日の記事はここら辺で終わりたいと思うのですが、

結論としては、SEOメディアと、オウンドメディアは結構タイプが違うというのと、

どちらも、明確な目的が違うため、

全部わかった上で、方向性を定めて、前に進んでいくのが良いのかなって思っています。

もちろん、ここに書いてあることが全てじゃないですし、

いろいろ人によって意見があると思うので、参考程度に読んでもらえたら有り難いです。

ソース : SEOやオウンドメディアは自社で書くか外注アウトソースすべきか利点と欠点を解説

 

【お知らせ】

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]